HOME > 新着ニュース

新着ニュース

島津製作所より 装置全面に「ポケモン」をデザインした医院、診療所向けのX線撮影システム登場

[ 2009/07/16 ]
090713.jpg
 島津製作所は、2008年6月に発売した医院・診療所向けのコンパクトな1ユニット型のX線撮影システム「X’sy Pro(エクシープロ)」に、人気アニメ「ポケットモンスターダイヤモンド・パール」のデザインを施し、「けがや病気に苦しむ子どもたちに元気な笑顔を」のコンセプトのシリーズ第2弾として、7月15日から東京ビッグサイトで行われる展示会「国際モダンホスピタルショウ2009」に出展し、市場投入した。(価格は、システム構成により異なるが、税込みで620万円から)

同製品は、今年4月に発売した回診用X線撮影装置に続くコンセプトシリーズ第2弾で、ポケモンのデザインにより、小児の検査時の不安を和らげるなど、検査を少しでも快適に行えることをめざし企画したもの。医院や診療所は、都心のテナントビルの1室を利用する場合も多く、簡単に据付ができ、特別な電気工事の不要な省スペース型のシステムに対して依然高いニーズがある。また一般診療所数は近年増加し続けており、同社は本製品の投入により、さらなる拡販を図っていく。

【X’sy Proの特長】
1. コンパクトな1ユニットシステムで、簡単据付
X線管保持器・撮影テーブル・キャビネットを1つのユニットにまとめたコンパクトなシステムで、最小設置スペースが4.86m2(2.7m×1.8m)で、畳3帖分に収まる。ビルのエレベーターを使って、70cm幅の入り口からでも搬入ができ、据付も簡単。特別な電力契約なしに100V電源で使えるタイプもある。

2. 撮影ノウハウをプログラムした「ワンタッチガイド」で、迅速・確実な撮影準備が可能
撮影時に、必要な撮影距離やカセッテ(フィルム)サイズ、散乱線除去グリッドの要否について、ボタン1つで表示します。操作卓のボタンで、撮影方式、検査部位、撮影方向および体厚を選択し、登録されている432種類の撮影条件から最適な条件が設定された後に、それぞれの条件にあった撮影準備の内容が表示される。撮影頻度の少ない慣れない部位でも迷わずに撮影準備ができ、スムーズな検査が可能。

3. 患者さんにやさしい、ソフトタッチのマット天板
寝台には、抗菌仕様で柔らかい素材のマットを採用。横たわる際にゴツゴツせず、ひんやり感もなく、患者さんに安心感を与える。

4. X線量の管理に役立つ「線量お知らせオプション」(オプション)<br /> 超音波距離計で撮影距離を測定し、撮影前後にX線量を計算して表示。X線被ばくに関心の高い患者さんへの説明にもすぐに対応できる。

5. 検査に対する小児の不安や恐怖心を減らして、スムーズな検査をバックアップ
装置全面にポケモンを使用することで、検査を受ける子どもの不安や恐怖心を少なくし、スムーズなポジショニングと撮影が期待できる。暴れたり、泣いてしまうことで検査ができない、画像が不鮮明になるなど、撮影時のトラブル回避が期待できる。

【X’sy Proの寸法】
H:約1900mm W:約970mm L:約1900mm 重量:約300kg

【製造販売認証番号】
220ABBZX00103000 据置型アナログ式汎用X線診断装置 [診断用X線装置X’sy Pro]

【お問い合わせ】
島津製作所 医用機器事業部
マーケティング部 販売促進グループ
TEL.075-823-1271 FAX. 075-811-8185