HOME > 新着ニュース

新着ニュース

新世代の映像入力端子DisplayPort を装備した医用画像表示モニター RadiForce RS210 新発売

[ 2009/07/08 ]
RS210.JPG
EIZO RadiForce RS210
株式会社ナナオは、医用画像表示モニター 「EIZO RadiForce RS210」 (21.3 型カラー液晶モニター、オープン価格)を2009 年8 月17 日より発売する。

医療現場で使用されている医用画像表示モニターにおいて、解像度が2 メガピクセル(192 万画素)のカラーモニターは、CT やMRI 画像などのモノクロ表示、また超音波や内視鏡、核医学画像などのカラー表示にも対応可能であり、これら用途に広く使用されている。

同社は、この2 メガピクセルカラーモニターとしてRadiForce R22-S を現在販売しているが、今回発表のRadiForce RS210 は、その後継モデルであり、入力端子に新世代の映像入力端子DisplayPort(デ ィスプレイポート)を備え、コントラスト比と輝度を向上させた新IPS パネルを採用することで、従来モデルよりも高い利便性、高画質化を実現した。さらに長期5 年間保証の適用に加え、環境基準への適合に
より、モニターの維持管理費用の削減にも配慮している。

コントラスト比1000:1 および輝度300 cd/㎡ と性能を向上させた新IPS パネルを採用し、高画質化を実現。モノクロ画像は立体感や質感などを細部まで表示できるとともに、核医学などのカラー画像は各色彩をより鮮やかに表示できる。EIZO 独自の技術を活かした Digital Uniformity Equalizer(DUE)機能は、液晶モニターの特性上これまで困難であった、表示画面上の輝度均一性を向上させる。また毎回キャリブレーションすることなく、MRI やCT など表示する画像に適した輝度や階調に調整したモードが選べるCAL Switch 機能を搭載。モニターに搭載した重力センサーにより、PC 起動時のパネルの縦横方向に合わせて、適切な解像度で自動的に画面表示されるImage Rotation 機能を搭載し、グラフィックスボードの回転機能を使用しないため、描画速度を損なうことなく、安定した画像表示を提供する。加えてOSD のフロントボタン操作時、画面上のボタンガイドがカラー表示されるため、暗い室内で作業する場合も操作ボタンを認識しやすくなった。

さらにご購入から5 年間、センドバック方式による修理サービスを無償で提供。モニター導入後の保守、修理費などのランニングコストの削減に貢献する。より環境負荷の少ない製品開発を目指し制定した自社環境基準EIZO Eco Products2009(EEP2009)に適合。旧版のEIZO Eco Products や第三者機関の各種環境基準を満たすことはもちろん、主な要件である主電源オフ時の消費電力0W や省電力モード時の低消費電力化も達成した。

【お問い合わせ先 】
株式会社ナナオ 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014(代)
FAX:03-3458-7001
ホームページ:http://radiforce.com/jp/