HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ギブン・イメージング社ギブン画像診断システム専用の新ソフトウエア「RAPID ® 5 Access」発売開始

[ 2009/05/20 ]
ギブン・イメージング株式会社 は、カプセル内視鏡PillCam®SB が撮像した画像を診断するギブン画像診断システム専用のソフトウエア「RAPID ® 5 Access」を、2009 年5月11日より販売開始した。
RAPID ® 5 Access は、従来のRAPID®ソフトウエアに下記の新機能を追加し、診断支援機能や作業効率をアップする下記の機能を搭載している。
■ 画像調整機能(ブルーモード)
カプセル内視鏡PillCam ® SB の撮像画像の輪郭強調や明るさ、色度の調整に加え、赤色の病変を観察しやすくするためのブルーモードを搭載。

■ 粘膜損傷度スコア機能(ルイススコア)
患者様の小腸粘膜の損傷度合いを点数化し、定量的な評価を支援する機能。

■ 検査データ管理ツール:スタディマネジャー
検査データを外部メディアや指定フォルダへ保存するデータのエクスポート機能、任意設定による検査 データのソート機能、オンライン検査データの一覧表示、各検査データの所見やレポートの一覧表示を 搭載した管理ツール。

■ RAPID® ワークステーションと内視鏡検査画像管理システムを通じた病院情報システムとの連携 「RAPID ® 5 Access」搭載のワークステーション「RAPID® ワークステーション」は、内視鏡検査画像管理システム(ファイリングシステム)と接続し、電子カルテ、医用画像情報システムなどの院内ネットワーク(病院情報システム)との連携が可能となる。

「RAPID ® 5 Access」は、5 月21 日(木)から23 日(土)まで、名古屋国際会議場で開催される「第77 回日本消化器内視鏡学会総会(JGES)」に初展示される。

【お問い合わせ】
ギブン・イメージング株式会社 広報担当
株式会社ブレインズ・カンパニー 内
担当: 堀田(ホッタ)、植村(ウエムラ)
TEL: 03-3496-1091
FAX: 03-3496-2216
E-mail: uemura@pjbc.co.jp
pill.JPG
画像調整(ブルーモード)。右上はブルーモード切り替え前の標準画像。

pill2.jpg
粘膜損傷度スコア化(ルイススコア)

pill3.JPG
内視鏡検査画像システムを通じた病院情報システムとの連携