HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GE横河メディカルシステム、世界初、GE製超音波診断装置の新ブランド「Venue」を市場投入(新製品発表会も開催)

[ 2009/05/20 ]
GE横河メディカルシステムは7月1日(水)、GE製超音波診断装置の新ブランド「Venue」の第1 弾「Venue 40 Anesthesia(ヴェニュ・フォーティ・アネスセジア)」を世界に先がけて国内市場で発売する。

Venueは、汎用の「LOGIQ」、循環器用の「Vivid」、そして産婦人科用の「Voluson」に続くGE製超音波診断装置第4のブランド。これまでの3ブランドでは、臨床検査技師や内科・循環器科など頻繁に超音波診断装置を使用する医師向けに、エントリーモデルから高性能機種まで幅広い製品群を提供してきたが、VenueはGEの高い画像撮影技術をベースに、麻酔科や集中治療室、整形外科など、これまで超音波診断装置の利用頻度が低かった診療科の医師が、各診療科特有の手技に沿って、シンプルな操作性で超音波装置を使用できるよう設計されたモデル。

Venueブランド第1弾として発売する麻酔(Anesthesia)科専用機種「Venue 40 Anesthesia」は、安全性確保のため現在飛躍的にニーズが高まっている超音波ガイド下での中心静脈穿刺※1や神経ブロックに特化した装置で、麻酔科のほか救急救命科・集中治療室、ペインクリニックなどを対象にしている。 麻酔科医の主要手技の一つである中心静脈カテーテル留置は年間約200万本実施されているが、現在は対象となる血管走行を目視できない状態で執り行うケースが大半で、そのため穿刺の失敗や、気胸、血胸、後腹膜血腫といった重篤な合併症を引き起こす可能性のある症例の割合は10%以上にも上っている。超音波画像を見ながらの安全性の高いカテーテル留置法が1980年代に始まったが、診断装置が大型かつ高価で、操作法も複雑だったため麻酔科への普及は進まず、穿刺の失敗や合併症発現の割合は従来からほとんど改善されていないのが現状だった。また区域麻酔や疼痛管理における神経ブロックに関しても、依然として画像診断を伴わないランドマーク法を用いるケースが大半で、神経障害などの合併症の軽減も十分ではないといわれている。

そのようななか、Venue 40 Anesthesiaは、持ち運び可能な小型サイズに、ボタン操作を4つに絞りタッチパネル式を採用した直感的な操作性をはじめ、神経・血管・針をすべてクリアに描出可能なGE独自の高画質技術、ならびに世界で初めて装置自体の滅菌処理を可能にし感染症防止に役立つ麻酔科向けの機能などを搭載、簡便で高画質、かつ安全性の高い中心静脈穿刺や神経ブロックを実現するなど、麻酔科医の真のニーズに対応する。

5月20日、東京で開催された「Venue 40 Anesthesia」製品発表会において、「ECHOガイド下手技を麻酔科医の日常技術に」と題して講演を行った、長野県立こども病院院長、日本麻酔科学会理事の宮坂勝之氏は、患者の安全と麻酔科医の安心のためには、超音波装置を使用しての直視型のECHOガイドを活用することの重要性についてふれ、説明責任の社会的な必要性が高まる今、客観的情報の確保は必須であり、そのためにも超音波装置が必要であること、また今後は教育や研修、啓発の機会を増やしていくことが急務であると強調した。

同社は、これまでの3ブランドや麻酔器・心電図など手術室用装置などで培ってきた顧客基盤をベースにVenue 40 Anesthesiaを販売するほか、新規顧客開拓を図り、初年度150台の販売をめざす。また今後は、麻酔科以外の診療科ニーズにマッチしたVenueブランド装置を開発することで製品群を拡充し、Venueを3ブランドに続く中核ブランドに成長させることを狙う。さらにVenueブランドの市場投入を皮切りに、これまで超音波診断装置を使用されてこなかった診療科の医師に対し、超音波診断装置の有効性に関するセミナーを実施するなど、教育面での充実も図り、被ばくもなく安全性の高い超音波診断装置のさらなる普及をめざす。


Venue 40 Anesthesiaの特長は以下の通り。

シンプルかつ高い操作性
ボタン4つのシンプルな操作:主要な操作ボタンは、「Freeze(止める)」、「Store(保存)」、「Gain(コントラスト調整)」、「Depth(診断する深さの調整)」のわずか4つに絞ることであらゆるユーザーが直感的に操作可能。日本語での表示も選択可能
電源を入れてから立ち上がるまでの時間はわずか15秒、バッテリー駆動可能
専用キーボードをなくし、スタイラスペンによるタッチパネル式の操作で利便性を向上
サイズは280 mm(幅)x 274 mm(高さ)x 560 mm(奥行き)と小型化を実現

GEが長年培ってきた高画質技術を搭載
どの角度からも視認性が高い10.4インチモニターを採用
撮影状況に合わせて画像を自動的に最適化

麻酔科での使用ニーズにマッチした機能性
麻酔科専用プリセットを装備、高い解像度で神経・血管・針をクリアに描出可能
世界で初めて装置自体の滅菌処理を可能にし、感染症の防止に貢献
移動用の上下可動式ドッキングカートと設置用のドッキングステーションを用意
高周波ワイドバンドプローブを採用
短軸・長軸双方での穿刺ガイドラインを提供


販売名称: 汎用超音波画像診断装置Venue 40(ヴェニュ・フォーティ)
汎用超音波画像診断装置Venue 40 Anesthesia(ヴェニュ・フォーティ・アネスセジア)は、上記医療機器のことです。
希望小売価格: 1,500万円(オプションにより異なる)
発売日: 2009年7月1日(水)
初年度国内販売目標: 150台(2009年度下半期)
医療機器認証番号: 221ABBZX00092000号


【お問い合わせ】
GE横河メディカルシステム株式会社
広報グループ 松井亜起
Tel: 042-585-9249
Fax: 042-585-9541
aki.matsui@ge.com
P1000015.JPG
新製品発表会で冒頭の挨拶を行う、同社代表取締役社長兼CEO・熊谷昭彦氏。

P1000024.JPG
「ECHOガイド下手技を麻酔科医の日常技術に」と題して講演を行った、長野県立こども病院院長、日本麻酔科学会理事の宮坂勝之氏。

P1000028.JPG
製品技術説明を行う、同社超音波事業本部セグメントマネージャー・伊藤寿通氏。

P1000034.JPG
販売戦略説明を行う、同社超音波統括事業本部本部長・松村誠一郎氏。

P1000038.JPG
会場内に展示されたVenue 40 Anesthesia。