HOME > 新着ニュース

新着ニュース

GEヘルスケア・富士フイルム、バイオサイエンス研究支援事業におけるグローバル提携に合意

[ 2009/05/28 ]
GEヘルスケアと富士フイルム株式会社は、より優れたシステムと充実したサービスを提供していくために、バイオサイエンス研究支援事業分野におけるタンパク質や遺伝子の検出・解析などに用いられる画像解析システムの開発・製造および販売につき、グローバルに提携していくことで合意した。

今後、富士フイルムが機器の開発・製造、GEヘルスケアがマーケティング・販売を担う。今秋をめどに高品質な画像解析装置や試薬・消耗品*1、保守サービスなどをトータルソリューションとして提供するとともに、新たな画像解析システムの開発を両社で提携して進めていく。

GEヘルスケアは、1923年に生体分子標識と検出を可能とする最初のアイソトープ試薬を発売。以降、ECL*2、CyDye*3など、次々に非放射線検出試薬を開発、発売することにより、より安全で定量的な生体分子の標識、検出に貢献してきた。

富士フイルムは、独自開発したX線フィルムの約100倍の感度を持つ放射線検出媒体「イメージングプレート」を用いた画期的な世界初のデジタルオートラジオグラフィ装置を1987年に発売。遺伝子解析などの処理速度を飛躍的に高め、研究時間の大幅な短縮に貢献した。また画像データのデジタル化により、対象とする標本の定量的計測を実現。その後も、写真をはじめとするイメージング分野で培った技術を駆使し、独自開発のCCDやレンズを搭載した多くの画像解析機器を提供し、長年遺伝子・タンパク質研究の発展に寄与してきた。

今回、GEヘルスケアと富士フイルムが提携関係を構築することで、両社それぞれの強みを生かして新たなニーズに応え、互いの事業の強化を図るとともに、今後ますます重要となる遺伝子・タンパク質研究を中心としたバイオサイエンスの発展に貢献し、人々のクォリティ オブ ライフの向上に寄与していく。

提携の概要
富士フイルムは、バイオサイエンス研究向け画像解析システム(以下「本システム」)を開発・製造し、GEヘルスケアはGEブランドで販売する。日本における販売窓口は、GEヘルスケアグループの一員である、GEヘルスケア バイオサイエンス株式会社(代表取締役:渡邉温子)が行う。
GEヘルスケアは、全世界において本システムの販売・マーケティングを担い、機器、試薬・消耗品などの提供を行う。加えて、GEヘルスケアは、本システムの保守サービスを行う。
GEヘルスケアと富士フイルムは、GEヘルスケアのアプリケーションに最適化した画像解析システムを協力して開発する。

【お問い合わせ】
富士フイルム株式会社
広報部 松本・藤原
Tel: 03-6271-2000

GEヘルスケア バイオサイエンス株式会社
広報担当 堀川 博可
Tel: 03-5331-9334
Fax: 03-5331-9249
hiroka.horikawa@ge.com