HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ(株)、高い機動性と画質性能を両立させた超音波診断装置の新製品「Viamo」発売

[ 2009/04/15 ]
photo%5BViamo%5D.jpg
Viamo™
東芝メディカルシステムズ株式会社は、新製品「Viamo™」(ビアモ)を商品化し、2009年4月より営業活動を開始した。
「Viamo™」は、プレミアムクラスの基本画質性能を小型のボディに搭載し、手術室から処置室や病棟など、幅広い診療シーンで使用可能な超音波診断装置。4月17日からパシフィコ横浜で開催される国際医用画像総合展(ITEM2009)に出展する。

【開発の背景】

近年、生活習慣病に起因する閉塞性動脈硬化症や、長時間同じ姿勢を続けることが原因とも言われる深部静脈血栓症などの血管病変は増加傾向にあり、その早期発見・予防、そして治療時のガイドとしての超音波診断装置の役割が注目されている。特に深部静脈血栓症は入院中の患者さんに発症する例が見られ、検査室はもちろん、病棟などでのニーズが高まってきている。また、PCI術下においては、術者の手技の妨げにならないコンパクトでスリムなボディでかつ、プレミアムクラスの高画質な超音波診断装置が求められている。

【Viamo™の主な特長】

1.プレミアムクラスの基本画質性能
同社最上位機種のAplio™ XGと同等のプラットフォームを搭載。Aplio™シリーズと同じ技術を搭載した プローブや Pulse Subtraction™ THI(注1)の採用で、プレミアムクラスの基本高画質性能を実現。処置室や病棟でも、検査室と同様な高画質で検査することができる。
2.高い機動性
スリムなポールタイプのカートシステムで病院内を軽快に移動、15秒以内の立ち上がり時間(レジューム時)ですばやく検査を開始することができる。ワンタッチでカートから取り外し可能な本体は内蔵バッテリーで稼動、HDDに画像を記録し、USBメモリで出力することもできる。
3.直感的でフレキシブルな操作性
15インチの液晶モニタはタッチパネル式で、画面に表示されたボタンを直接触れることで、より直感的な操作感を実現。東芝独自のパームコントローラを中心とする操作パネルは使いやすくボタンが配置され、さらに各ボタンの機能を自由にプログラム可能。

一般的名称:汎用超音波画像診断装置 販売名:超音波診断装置 Viamo SSA-640A 製造販売認証番号 221AABZX00029000

(注1) Pulse Subtraction™THI:複数回の超音波送信と受信信号処理技術により、ハーモニック成分のみを取り出して精細な画像を構成する技術

【本件に関するお問合せ】
東芝メディカルシステムズ株式会社 東京本社 広報室 TEL:03(3818)2040
【新製品に関するお問合せ】
東芝メディカルシステムズ株式会社 超音波事業部 TEL:03(3818)2047