HOME > 新着ニュース

新着ニュース

メディカルサテライト八重洲クリニック、乳がん早期発見を目的とした乳腺専門の画像診断チームを結成

[ 2009/04/09 ]

メディカルサテライト八重洲クリニック
乳がん早期発見を目的とした乳腺専門の画像診断チームを結成



MRI・CT検査・画像診断を行うメディカルサテライト八重洲クリニックは、亀田総合病院 乳腺センター部長の戸崎光宏先生をはじめとする、4名の医師とともに、乳がん早期発見を目的とした乳腺専門の画像診断チームを結成した。

行政やピンクリボン運動など乳がん早期発見の啓蒙活動により、乳がん検診として、マンモグラフィ検査やエコー(超音波)検査の受診者は、日本でも徐々に増加している。一方、既に高い受診率の検診先進国では、さらにMRIによる乳房検査の有用性が広く認知され、乳腺疾患の診断に用いられているのが現状である。それを受けて、日本の乳がんに関するガイドラインにおいても、乳房MRI検査のエビデンスレベルがあがった。

しかし、日本ではMRIによる乳房MRI検査を実施している医療機関は少なく、また、その画像を読影する専門の放射線科専門医も不足しているのが現状である。
そこで、同クリニックでは、戸崎 光宏先生(亀田総合病院 乳腺センター部長)をはじめ、白石昭彦先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院)、久保田 一徳先生(東京医科歯科大学医学部附属病院)、五十嵐隆朗先生(東京慈恵会医科大学附属病院)らと乳腺専門の画像診断チームを構成した。最新型の3.0テスラMRIを用い、乳腺領域を専門とする画像診断チームにより乳腺疾患の診断を強化する。

また、同クリニックでは、マンモグラフィ検査やエコー検査では描出されず、MRIでしか描出できなかった病変に対応するため、MRIガイド下乳腺生検(MRI画像を用いた検査室内での生検)を開始する。日本国内では戸崎光宏先生のみが施行しているものであり、同クリニックは亀田総合病院に次ぐ、2番目の実施施設となる。

乳がんを描出するためのMRI検査は、造影剤という薬剤を併用して検査を行うことが必須であり、一般検診には不向きである。しかし、マンモグラフィや超音波などの1次検診で精密検査や経過観察を必要とされ 「乳がんかもしれない」 と不安を抱えている方のために、迅速な検査と、精度の高い診断を提供できる施設として、乳房MRI検査の推進を行う。


◆詳細はこちらでご覧いただけます。◆
http://www.m-satellite.jp/breast-mri/ (乳がん検査の取り組み)


【お問い合わせ先】
メディカルサテライト八重洲クリニック
担当: 磯谷(いそがい)
TEL : 03-3516-8087
FAX : 03-3516-8022
Mail: info@m-satellite.jp