HOME > 新着ニュース

新着ニュース

「MEDTEC JAPAN 2009」 開催報告

[ 2009/04/27 ]
さる4月7日(火)~8日(水)の2日間、パシフィコ横浜(神奈川・みなとみらい)において、日本で初開催となった医療機器デザインおよび製造技術に関する展示会・国際会議である 「MEDTEC JAPAN 2009」 (主催:Canon Communications LLC、本社:米国カリフォルニア州ロサンゼルス)が開催された。開催結果は以下のとおりである。

■ 「MEDTEC JAPAN 2009」 開催結果
・出展社数 : 106社
・来場者数 : 4,303名(1日目2,175名、2日目1,978名、国際会議150名)

この来場者数と出展社数との比率 “40対1” というのは、Canon Communications の長い開催実績のある展示会における平均値の2倍以上に当たる。

Canon Communications は全世界で11の医療機器設計・製造見本市を主催しており、米国(別名MD&M)、日本・ドイツ・英国・アイルランド・中国などでのMEDTEC展で、5,000社以上の出展企業、合計100万平方フィート(約330,000㎡)の展示スペースが利用されている。

「MEDTEC JAPAN 2009」 が出展企業と来場者の双方から非常に高い評価を受けたことにより、次回の開催(2010年4月15~16日)では2倍以上の規模、250社の出展を見込んでいる。

Canon Communicationsの会長兼 CEO である Charles G. McCurdy 氏は、今回の開催結果についての以下のように語った。
「他業界での不安定な経済状況が続いている中、医療機器業界は全世界的にたいへん力強い状態が続いています。また、サプライヤーがお客様と時間・費用面で効率よく対面できる見本市は、マーケティング・ツールとしてますます重要になっています。
Canon Communications は、その見本市、出版物、電子メディア、データベース・リソースをユニークに組み合わせた医療機器業界トップのB to Bメディア・プロバイダーです。その中で 「MEDTEC」 は 、医療機器メーカ向けサービスを提供するグローバルな見本市の中でもっとも強力なブランドです。北米・ヨーロッパ・アジアと世界中から出展企業が日本に集った事がこれを象徴しています。」

また、同社副社長である Kevin O‘Keefe 氏は次のようにコメントした。
「日本の医療機器製造市場は、その規模と持続的な伸びの点で、米国に次ぐ世界第2位です。さらに、日本の製造業界の中心であった自動車とエレクトロニクス産業が大きく後退する経済状況の中、大手企業が新たに参入すべき市場として医療機器業界に焦点を当てています。」


【次回開催に関する問い合わせ】
※2010年4月予定
MEDTEC JAPAN事務局
TEL : 03-4360-5683
参考URL : http://www.devicelink.com/expo/japan09/
展示会場の様子
来場者でにぎわう展示会場内

国際会議の様子
両日にわたって満席となった国際会議