HOME > 新着ニュース

新着ニュース

コニカミノルタエムジーとGE横河メディカルシステム、デジタルX線一般撮影装置の独占販売で合意

[ 2009/04/15 ]

コニカミノルタエムジーとGE横河メディカルシステム
日本市場におけるデジタルX線一般撮影装置の独占販売で合意



コニカミノルタエムジー株式会社(以下、コニカミノルタ)とGEヘルスケアグループの日本法人であるGE横河メディカルシステム株式会社(以下、GE横河メディカル)は、GE横河メディカルのデジタルX線一般撮影装置(Digital Radiography 以下、DR)の一部製品をコニカミノルタが日本市場で独占的に販売することで合意した。

今回の合意に伴い、米 GEヘルスケア製のDR 『Definium(デフィニアム)6000』 については、デジタルX線画像読み取り装置(Computed Radiography 以下、CR)ビジネスで豊富な実績をもつコニカミノルタが日本国内において独占的に販売していく。

コニカミノルタは、『REGIUS(レジウス)』 シリーズのCRの拡販、および電子カルテ・情報システムと連携した医療機関のIT化を図るシステムソリューションビジネスの強化などにより、現在ヘルスケア事業の拡大を図っており、製品ラインアップの拡充を目指していた。
一方、GE横河メディカルは、すでに 『Revolution XQ/i(レボリューション・エックスキュー・アイ)』 や 『Definium 8000』 などのフラットパネルデジタルディテクタ(FPD)搭載DRを大学病院や地域の中核病院などに導入しており、さらなる顧客層の拡大、ならびに販売網の強化を目指していた。
製品群の充実を目指すコニカミノルタと、販売ネットワークの強化を目指すGE横河メディカル双方のニーズが合致し、今回の合意に至った。

これにより、コニカミノルタは、すでに展開を開始しているX線装置と一体型でないFPD装置である 『PLAUDR(プラウディア)C30/C50』 に加え、GE横河メディカルのDRをラインナップ化することで、今後拡大が予想されるDR市場へも注力し、既存顧客に対する提案力とサービスの向上を図っていく。
一方、GE横河メディカルは今後、これまでDR販売の主な対象だった大規模医療機関に加えて、検診センターを始めとする中・小規模病院への製品販売拡大を目指す。

なお、コニカミノルタが日本市場で独占的に販売するGE横河メディカルのX線一体型DRは、4月17日(金)~19日(日)にパシフィコ横浜で開催される 「2009 国際医用画像総合展 (ITEM2009)」のコニカミノルタブースに出展される。


【問い合わせ先】
コニカミノルタヘルスケア株式会社 営業本部
TEL : 042-589-1439

GE横河メディカルシステム株式会社 I&XI営業部
TEL : 042-585-9370