HOME > 新着ニュース

新着ニュース

AJS(株)、放射線治療システム 『Dr.View/RTiS』 を新発売

[ 2009/04/15 ]

AJS株式会社、放射線治療システム 『Dr.View/RTiS』 を新発売
業界初のチームコミュニケーション機能を搭載し
治療方針の決定から治療後のフォローまで放射線治療の全フェーズをサポート



ITホールディングスグループのAJS株式会社は、業界初のチームコミュニケーション機能を搭載した放射線情報システムDr.Viewシリーズの新製品 『Dr.View/RTiS(Radio Therapy Information System)』 を4月より発売開始した。『Dr.View/RTiS』 は、放射線治療において治療の方針決定、治療準備、診察、治療、フォローアップまでをトータルでサポートする放射線治療情報システムである。

なお、同システムは、2009年4月17日(金)~19日(日)に開催される 「2009国際医用画像総合展(ITEM2009)」 に出展される。


【主な機能】
1. コミュニケーション促進 <チーム医療支援機能>
医師・技師・看護師による患者情報共有機能が 「Dr.View/TeamMessenger」 である。システム上のやりとりが自動的に記録・通知され、医療現場における必要なコミュニケーションを円滑化するメッセージツールである。また、緊急時に連絡・指示が必要な担当部署と作業伝達経路を事前登録しておくと、ボタン1つで緊急事態の発生通知、作業指示、作業フローの支援が可能になる。

2. 良質な放射線治療の提供 <治療方針選択支援機能・症例マネジメント機能>
放射線治療の治療方針の検討を行う際に、システム上に登録された症例を検索してEBM(Evidence-Based Medicine)に基づく治療方針をサポートします。さらに、症例マネジメント機能により、システム内に登録された症例情報に加え、地域がん登録、日本放射線腫瘍学会(JASTRO)の症例データなども治療に活用でき、放射線治療をサポートする。

3. ユーザインタフェイス <スマートな画面と操作性>
ログインユーザ毎に適切にカスタマイズされた患者の治療経過画面を展開・表示する。また、思考を妨げないデータ入力や正確な表示項目の確認ができることで、ストレスなくシステムを使用することができる。


【製品概要】
製品名 : Dr.View/RTiS
価格 : 2,500万円~ ※導入価格は規模や要望により異なる。
販売目標 : 3年間で50施設への導入、目標売上15億円


【問い合わせ先】
AJS株式会社
医療・産業システム事業部 営業部 医療営業グループ
TEL : 03-5624-5969
E-mail : info@ajs.co.jp