HOME > 新着ニュース

新着ニュース

(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン、超音波診断装置 『HD15 High Definition Ultrasound Systems』 を発売

[ 2009/04/08 ]
HD15 High Definition Ultrasound Systems
超音波診断装置
HD15 High Definition Ultrasound Systems

株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン(以下、フィリップス)は、4 月8 日(水)、新しい超音波診断装置 『HD15 High Definition Ultrasound Systems』 の発売を開始したことを発表した。

同装置は、「HDシリーズ」 の中で最上位機種に位置付けされ、ハイエンド装置として心臓・血管領域から腹部・表在領域まで網羅された装置である。

商品名 : 超音波診断装置 HD15 High Definition Ultrasound Systems
価格 : 定価 5,000 万円 (構成および仕様により異なる)
販売目標台数 : 150 台 (国内)
発売開始日 : 2009 年4 月1 日


【HD15 High Definition Ultrasound Systems の特長】
1. 最高級のクリニカルパフォーマンス
フィリップスのプレミアム超音波診断装置 『iE33/iU22』 エコーシステムでしか使用できなかった、新しい技術の単結晶プローブ 「ピュアウエーブクリスタル」 を搭載し、その抜群の音響効果によって、多種多様な患者に対して素晴らしい画質を提供する。さらに、スペックルを低減させる機能を改良したXRES 機能も搭載した。これにより、心内膜や微細な心臓構造物を鮮明に描出することが可能となり、従来描出が困難であった患者に対しても、高い信頼精度を持った臨床診断と治療方針の決定が可能となる。

2. 臨床のワークフローを改善
検者が必要とする画質をワンタッチで最適化する機能 : iSCAN
過去のイメージと現在のイメージを簡単に同時表示する機能 : Live Compare
ボタンひとつで検者がプリセットされた条件から検査を開始できる機能 : TSI
これらの機能は検者にやさしく、検査効率を高め、診断能力の向上に寄与する。

3. 心臓・血管領域のソリューションを提供
心臓・血管領域のQLAB 解析ソフトは、循環器に特化した機能を多く持っている。TMQA/SQ などのようにスペックルトラッキングも可能である。これらを使用することで、より深い診断能力の向上が期待できる。また、詳細に解析された計測結果を簡単にレポート作成することも可能である。


【問い合わせ先】
株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン
お客様窓口
TEL : 0120-556-494
URL : http://www.medical.philips.com/jp/