HOME > 新着ニュース

新着ニュース

ITEM2009、(株)ジェイマックシステムブースにて開催される注目公演の紹介

[ 2009/03/31 ]
【4月18日(土) 11:30~ ステージ4】 ブース番号:334

iPhoneを利用したDICOM画像+教育コンテンツ配信
「医療スタッフの情報連携ツールとしての有用性」


株式会社ジェイマックシステム 新規事業推進部 大野 孝



近年スマートフォンは、著しい発展を遂げている。CPU、メモリ、OSに加え画面解像度の高性能化は、文字情報はもちろん写真等の閲覧にも申し分ない性能の向上である。その中でも2008年7月11日に鮮烈なデビューを果たしたiPhone3Gは、医師をはじめとする医療スタッフに広く支持されている。その最大の特徴は、指先だけですべてをコントロールできるマルチタッチユーザーインターフェイスである。

携帯電話、メール、WiFiを有するiPhone3Gは、あらゆる状況においてインターネット環境にいつでもアクセス可能なツールである。現在、医師と医療スタッフ間の情報連携ツールとして最も有力な候補がiPhone3Gであると考えている。
放射線科医にとって、iPhone3Gはあらゆる状況下で放射線画像の閲覧が可能となり、診療現場から遠く離れていても医療への貢献を可能とするツールになり得る。

J-MACのVOXBASEは、DICOM画像をワンボタンでPDFに変換、PDFをメール添付しiPhone3Gへ送信。急ぎの読影や救急現場への適切なアドバイスが電話で行える。放射線科医と医療スタッフのようなプロ同士の新しい医療画像の活用が簡単に行えればより多くの人命が救われる。携帯で会話をする時に、医療画像を見ながらコミュニケーションする新しいツールの活用方法の提案である。


(株)ジェイマックシステム(ブースNo.334)
デモステージのご案内
http://www.j-mac.co.jp/other/item2009.html
iPhoneを利用したDICOM画像+教育コンテンツ配信 「医療スタッフの情報連携ツールとしての有用性」
画像を拡大



iPhoneを利用したDICOM画像+教育コンテンツ配信 「医療スタッフの情報連携ツールとしての有用性」
画像を拡大




【4月18日(土) 14:00~ ステージ5】 ブース番号:334

研究とカンファレンスにおける医用画像の使用
「法の条文は命の重みに優越せず」


東京大学法科大学院教授、弁護士(西村あさひ法律事務所) 寺本振透



近時、コンプライアンス万能の風潮のなかで、法律恐怖症候群が大流行している。だが、法律を文言通りに遵守することにばかり気をとられて患者の生命や健康をないがしろにするのでは、本末転倒も甚だしい。法律は、その本来の趣旨に従って、柔軟に解釈すべきものである。我々は、常に、健全な医療システムを維持し、はぐくむことによって、現在および将来の患者の生命と健康の保全に邁進しなければならない。

医用画像の利用についても、著作権をふりかざしたり、個人情報保護をおそれて、医療全体の発展のために使うことを忌避しようとする向きもあるが、医師が一般的に共有する 「それは変ではないか?」 という気持ちは、大切なものである。

法律「屋」のようにではなく、法律「家」のように考えようではないか。法律は、もっとも大切な価値を損なうために存在するわけではない。司法制度は、法文の形式的な適用が常識に反しないようにする仕組みでもある。


(株)ジェイマックシステム(ブースNo.334)
デモステージのご案内
http://www.j-mac.co.jp/other/item2009.html
スライド1
画像を拡大



スライド2
画像を拡大