HOME > 新着ニュース

新着ニュース

レセプト(診療報酬明細書)オンライン請求時代を見据え NECとNJCが医療情報システム分野で協業を強化

[ 2009/02/12 ]
2月12日、東京・日本電気株式会社(NEC)本社にて、NECと日本事務器株式会社(以下 NJC) による、「レセプト(診療報酬明細書)オンライン請求時代を見据え NECとNJCが医療情報システム分野で協業を強化」の共同記者会見が開催された。

会見では、NEC 医療システム事業部 事業部長 高平 敏男氏が 「NEC医療情報システム事業強化について」、つづいてNJC 代表取締役社長 田中 啓一氏が 「NJCヘルスケア事業における医療情報システム強化について」 とそれぞれ題し発表した。

2011年度には原則としてすべての医療機関においてレセプトオンライン請求が実施されることに向け、医療機関における患者受付・入院管理・会計・レセプト発行など、医療事務の基幹領域においてNECが開発・販売するNEC製医療事務システム 「MegaOakIBARS Ⅱ」 の中核エンジンをNJCに提供し、NJCが 「MAPSIBARS」 の名称化・販売を開始すること、そして 「MegaOakIBARS Ⅱ」 「MAPSIBARS」 ユーザに対し、共同でオンデマンドVPNによるインターネット環境上で診療報酬改定・医療制度改定・薬剤マスタ変更などのシステム変更にも迅速に対応する 「IBARSonline サポートサービス」 を実現させる(サービス開始予定は本年3月)、という概要の協業強化を行うことを発表した。

今後3年間で「MegaOakIBARS Ⅱ」「MAPSIBARS」併せて650セットの販売を目標に掲げる。


【本件に関するお問合せ先】
NEC コーポレートコミュニケーション部 岡島
TEL : 03-3798-6511

NJC 経営企画部広報担当 増田
TEL : 050-3000-1501

レセプト(診療報酬明細書)オンライン請求時代を見据え NECとNJCが医療情報システム分野で協業を強化