HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスメディカルシステムズ(株)、『内視鏡用超音波観測装置 EU-MEI』 を世界同時発売

[ 2009/02/16 ]

消化器や呼吸器領域の幅広い超音波内視鏡手技に対応
世界初、電子走査とメカニカル走査を1台で実現
「内視鏡用超音波観測装置 EU-MEI」 を世界同時発売



オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、食道がんや胃がんの深達度診断、膵臓がんや肺がんの確定診断・病期診断などを目的に、幅広い超音波内視鏡手技に対応し、世界初(*)の電子走査とメカニカル走査を1台で実現した「内視鏡用超音波観測装置 EU-ME1」(以下、「EU-ME1」)を3月2日から世界で同時発売する。 
従来は異なった本体装置に接続していた当社製超音波スコープ7機種、超音波プローブ 14機種を本装置1台に接続が可能。また、当社製内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS LUCERA」シリーズのトロリーへの搭載が可能で、共通のハイビジョンモニタ、キーボードを使用して消化器内視鏡から超音波内視鏡検査までを効率的に実施することが可能。
* 2009年2月16日現在、超音波内視鏡分野において同社調べ。

● 発売の概要(国内)
商品名      : 内視鏡用超音波観測装置 EU-ME1
価格(税込)   : 5,565 ,000円
発売時期    : 2009年3月2日
目標販売台数 : 80台/年

● 主な特長の概要
1 世界初、電子走査とメカニカル走査を1台で実現する汎用的なシステム
2 高画質を実現した電子走査に各種ドプラ機能を搭載
3 当社製内視鏡ビデオスコープシステムとの互換性を確保

●「内視鏡用超音波観測装置 EU-ME1」の導入の背景
超音波内視鏡は1980年代に体外からのアプローチでは検査が困難な膵臓がんの早期発見を目的に開発、実用化された。以降、胆道がんの診断や胃がんの深達度診断、2000年代には肺がんのリンパ節転移診断を目的に超音波ガイド下穿刺が実施されるなど、応用が拡大。超音波内視鏡を世界で初めて実用化した同社は、このような手技の発展とともに、組織表層から深部臓器に至るまで高画質で観察するための高解像化や電子化などの機器開発を通じて医療現場に貢献してきた。「EU-ME1」は、医療現場の様々な診断手技に応じて効率的にご使用頂けるように「汎用性」、「高画質」、「使いやすさ」を実現する機種として8年振りにモデルチェンジした。

●主な特長の詳細
1 世界初、電子走査とメカニカル走査を1台で実現する汎用的なシステム
当社製の画像診断用の電子ラジアルスコープ、メカニカルラジアルスコープ、超音波プローブと超音波ガイド下穿刺に用いる電子コンベックススコープが「EU-ME1」に接続可能。これにより、食道や胃などの消化管や膵臓・胆道領域、呼吸器領域の画像診断から超音波ガイド下穿刺による組織・細胞診断に至るまで幅広い手技に対応。

2 高画質を実現した電子走査に各種ドプラ機能を搭載
汎用機でありながら高精細な電子走査式の超音波画像観察が可能。さらに、関心領域の血流動態から血管の位置を認識する、カラーフロー、パワーフローの2種類のドプラ機能に対応。

3 当社製内視鏡ビデオスコープシステムとの互換性を確保
本体装置の小型化により、当社製の内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS LUCERA」シリーズのトロリーへの搭載が可能。また、同シリーズとの互換性を確保し、共通のハイビジョンモニタ、キーボードを使用して内視鏡検査から超音波内視鏡画像診断までを効率的に実施することが可能。

【本件に関するお問い合わせ先】
オリンパスメディカルシステムズ株式会社 販売本部 CIセンター
TEL 0120-41-7149  FAX 03-3375-7596
20090216e12_eume1_a.jpg
「内視鏡用超音波観測装置 EU-ME1」

20090216e12_eume1_b.jpg
内視鏡ビデオスコープシステム「EVIS LUCERA SPECTRUM」のトロリーに搭載された「内視鏡用超音波観測装置 EU-ME1」