HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ(株)、グローバルサービス体制強化のための 「カスタマーサポート&トレーニングセンター(CSTC)」 開設

[ 2009/02/16 ]
%E6%96%B0%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E6%A3%9FCSTC%E5%A4%96%E8%A6%B3%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
新サービス棟CSTC外観
東芝メディカルシステムズ株式会社は、本社事業所にサービス部門新棟 「カスタマーサポート&トレーニングセンター(CSTC)」 をこのほど開設した。これによりグローバルサービス事業の本社機能が充実し、きめ細かく、スピーディーなお客様へのサービスの充実をはかる。

【グローバルサービス機能の充実】
この新棟は顧客満足のさらなる向上を目指し、サービス事業のグローバル本社としてテクニカルアシスタンスを行うコールセンター機能を充実させ、「センターオペレーション体制」 の展開を強化したものである。

こうした本社機能の充実により、保守・サービスの迅速化だけでなく、サービスの基本コンセプトである 「RPP」 コンセプトに基づき故障の未然防止を目指す、サービスオペレーションの強化、充実を図る。さらにサービスの本部機能として、顧客へのソリューションを提供するためのアプリケーションサポートの強化やサービス商品の企画から開発を拡大していく。

これに加えて、世界各国のサービスエンジニア教育・研修体制の増強のための 「グローバルトレーニングセンター機能」 を強化。年間480コース、受講者数4,800名までの研修に対応することができ、従来の約2倍に増強している。研修室は製品セグメント別にレイアウトされているが、全体を仮想病院のように設定し、LANによって機器システムを接続し、製品モダリティごとの画像転送できるようにして、画像保管情報システム(PACS)の構築研修なども可能。教育内容の充実をはかるため、ヨーロッパトレーニングセンター、米国のトレーニングアカデミーと連携しグローバルサービストレーニングチームによる研修プログラムの作成、教材整備、グローバルなインストラクターの育成も実施している。

同センターでは、顧客を対象とした 「ユーザートレーニング」 も実施する。たとえば 『Aquilion ONE』 導入予定の世界中の顧客を対象にして、「CTユーザートレーニングアカデミー」 を実施。このトレーニングではCTの性能を最大限に発揮し、患者の診断のために最高のパフォーマンスを提供するためのカリキュラムで、実機を用いた模擬撮影実習トレーニングにより、受講後すぐに装置を利用できる。このアカデミーは、従来は本社内のトレーニングセンターで開催されてきたが、発売以来100台を超える出荷台数となる中でトレーニングアカデミーの拡大が急務だった。今回の 「カスタマーサポート&トレーニングセンター(CSTC)」 開設により、世界中の顧客にプレミアムなサポートの提供も可能となる。


【新棟の概要】
所在地 栃木県大田原市下石上1380番地
建物概要 新サービス棟 : 鉄骨造2階建
延床面積 新サービス棟 : 9,800㎡
工期(予定) 着工:2008年3月  竣工:2009年1月


【本件に関する問合せ先】
東芝メディカルシステムズ株式会社
東京本社 広報室
TEL : 03-3818-2040