HOME > 新着ニュース

新着ニュース

オリンパスメディカルシステムズ(株) 内視鏡室マネージメントシステム 「Solemio ENDO Ver.3.3」 発売

[ 2008/12/24 ]

効率的な内視鏡洗浄消毒の記録管理を実現
内視鏡室マネージメントシステム「Solemio ENDO Ver.3.3」発売



オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、病院経営効率化を目的に、内視鏡部門の受付から検査、レポート入力に加え、内視鏡の洗浄消毒の記録管理機能も備えた内視鏡室マネージメントシステム 「Solemio ENDO(ソレミオエンド)Ver.3.3」 を2009年1月5日から日本で発売する。同商品は、患者ごとに使用する内視鏡の機種や検査中に使用する器材・薬剤の記録に加え、内視鏡の洗浄消毒の記録管理を実現したシステムである。さらに2009年4月以降には、小腸用の 「オリンパスカプセル内視鏡システム」(愛称:エンドカプセル)との連携も予定している。


■ 発売の概要

商品名     : 内視鏡室マネージメントシステム 「Solemio ENDO Ver.3.3」

価格(税込み) : 24,654,000円 (OER-3連携システム(*1))
発売時期    : 2009年1月5日

価格(税込み) : 25,389,000円 (ハンディターミナルシステム(*2))
発売時期    : 2009年2月末

合計販売目標台数 : 50台/年

(*1) サーバユニット880GB、IT-1(画像入力端末):5台、オフィスクライアント(レポート端末):5台、内視鏡洗滌消毒装置 「OER-3」 :4台の組み合わせによる。
(*2) サーバユニット880GB、IT-1:5台、オフィスクライアント:5台、ハンディターミナル:2台(洗浄消毒装置4台に接続可能)の組み合わせによる。


%E5%86%85%E8%A6%96%E9%8F%A1%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0.jpg
内視鏡室マネージメントシステム 「Solemio ENDO Ver.3.3」 基本システム構成


■ 市場導入の背景

同社は内視鏡画像の電子化にともない、1995年に内視鏡画像デジタルファイリング装置を市場導入した。病院経営の効率化が注目されている昨今の状況を踏まえ、内視鏡画像の記録だけでなく内視鏡部門全体の業務効率化に着目し、2002年11月にHIS(病院情報システム)との検査情報の相互通信や内視鏡機種ごとの使用来歴など検査機器情報の効率的な管理を実現する内視鏡室マネージメントシステム 「Solemio ENDO Ver.1」 を発売した。2005年2月には内視鏡業務に必要不可欠な機能に絞り込み高いコストパフォーマンスを実現した 「Solemio ENDO Belle」 を発売し、この度、従来の内視鏡検査業務情報に加え、「いつ、誰が、どの装置を使用し、どのような洗浄消毒を行ったか」 の洗浄消毒情報も記録管理が可能な 「Solemio ENDO Ver.3.3」 を導入するに至った。


■ 主な特長

1. 「簡単、確実、省スペース」 で内視鏡の洗浄消毒の記録管理が可能
1人の患者に対する内視鏡機種や検査中に使用する器材・薬剤などの検査業務情報に加え、「いつ、誰が、どの装置を使用し、どのような洗浄消毒を行ったか」 の洗浄消毒情報を 「簡単、確実、省スペース」 で記録管理できる。
RFID(電波方式認識)に対応した同社製の内視鏡洗浄消毒装置 「OER-3」 との連携では、装置読み取り部に内視鏡(EVIS260シリーズのスコープにはICチップが内蔵)と洗浄者が付帯するRFIDタグをかざすだけで洗浄消毒履歴が記録できる。
また、「OER-3」 以外のRFIDに対応していない洗浄消毒装置との連携にはハンディターミナルシステムを用意している。

2. 業務分析データの出力により効率的な病院経営をサポート
内視鏡部門の予約・受付から前処置、検査、洗浄消毒、レポート入力、病理診断オーダー、カンファレンスに至るまでの業務をカバーし、オーダリングや電子カルテ、レセプト(診療報酬明細書)などHIS(病院情報システム)との連携により、全医療情報を可視化することで業務効率化をサポートする。
また、記録した情報の多面的なデータ出力(*3)が可能なため、経営改善のための業務分析データとして活用することができる。

(*3) 「内視鏡機種毎の稼働率」 「単位時間当たりの検査稼働率」 「単位時間当たりの診療報酬」 「検査中止やケア情報」 「検査別の実施時間」 「曜日別の検査種別実績推移」 など

3.レポート入出力機能により医師の学術活動をサポート
1人の患者に対して複数の病変の所見、診断、治療が行われた場合にも、所見ごとに診断・治療結果をそれぞれ入力、検索することができる。これにより、医師が要望する情報を検索結果数で確認しながら出力することが可能となる。

4. 小腸用の 「オリンパスカプセル内視鏡システム」 との連携を予定
「Solemio ENDO Ver.3.3」 に登録された患者基本情報をオリンパスカプセル内視鏡システムのワークステーション 「OLYMPUS WS-1」 に転送が可能なため、重複する入力作業の負担軽減や入力ミスの防止に貢献する。
また、「ワークステーション」 で選択した画像を 「Solemio ENDO」 に転送が可能なため、「Solemio ENDO」 で小腸レポートの作成やデータの一元管理、そして院内ネットワークシステムとの接続も可能となる。これにより、当社製のシングルバルーン小腸内視鏡で撮影した画像とカプセル内視鏡の画像を同時に参照することで、効率的な診断、治療につなげることができる。


■ 問い合わせ先

オリンパスメディカルシステムズ株式会社
販売本部CIセンター
TEL : 0120-41-7149  FAX : 03-3375-7596