HOME > 新着ニュース

新着ニュース

(株)アールエフ、デジタルレントゲン(DR)センサーのOEM販売開始

[ 2008/11/04 ]

株式会社アールエフ、デジタルレントゲン(DR)センサーのOEM販売開始

~新事業部を発足し、初年度に1,200台の販売を目指す~
 


株式会社アールエフは、デジタルレントゲン(DR)センサーNAOMIシリーズのOEM販売を開始しする。

同社は、NAOMIシリーズ(*1)のOEM販売業者と新規市場の開拓のため、新事業部を発足し、初年度の販売目標を1,200台に設定しました。NAOMIシリーズのOEM販売に向けて、CsIシンチレーターを搭載したセンサーを年内に発売開始する予定である。CsIシンチレーターを使用することで、従来製品に比べて、エックス線量を半分以下に抑えられ、コントラスト比が上がることで、よりシャープな画質が得られる。

現在のレントゲン市場は、病院・総合病院レベルの市場が飽和状態にあるため、各メーカによる小規模の医療施設へのレントゲンシステムの売込み競争が激化している。こうした背景もあり、低価格と高画質が両立できる、Multi CCD Detector(*2)方式のレントゲンシステムのOEM販売の引合いが増えている。

近年、DR市場は世界的に大きな伸びをみせている。特にヨーロッパ市場は2010年には2億米ドル近い規模にまで成長するともいわれており、NAOMIシリーズのOEM販売に踏出す決断にいたった。 NAOMIシリーズに代表されるDR方式は、CR方式やフィルムを使用するアナログレントゲン装置と異なり、イメージングプレートやフィルム等の消耗品が不要のため、大幅なランニングコストの削減が可能である。

同社は、さらなるDR市場の拡大を見込み、Multi CCD方式のエックス線検出器のユニット単位での販売も開始しする。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(*1)NAOMIシリーズの「デジトゲンNAOMI」は、2007年に国内の一般診療所におけるデジタルX線(I.I DRタイプ)の納入実績
   No.1(29.6%)を獲得した。矢野経済研究所(本社:東京都中野区)調べ。

(*2)12個のCCDを1ユニットとして、複数のカメラを組み合わせ、画像を取得する方法。同社独自の画像取得技術である。CCD間の
    距離を詰めることで画像の解像度を上げることができる。ユニット数を増減することで、センサーのサイズを変えることも可能である。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


【お問い合わせ先】
株式会社アールエフ 新規販売開発事業部
E-mail:project@rfsystemlab.com
Tel:026-225-7711
URL:http://www.rfsystemlab.com/