HOME > 新着ニュース

新着ニュース

モノクロとカラー画像の両方に対応した医用画像表示モニター RadiForce RX320 新発売

[ 2008/11/05 ]
RadiForce_RX320_jp.JPG
株式会社ナナオは、医用画像表示モニター EIZO RadiForce RX320 (21.2 型カラー液晶モニター、オープン価格)を2009 年1 月30 日より発売する。
医療の現場では、胸部X線画像を表示するモニターには、画像がフル表示でき、淡い陰影なども忠実に再現できるとして、3 メガピクセル高輝度モノクロ液晶モニターが一般的に使用されてきた。さらに近年では、3D ボリュームレンダリングやPET/CT などフュージョン画像処理技術の進歩に伴い、カラー画像が表示できる高解像度モニターのニーズが高まってきた。こうした背景のもと、作業効率、スペース、コストの面から、モノクロとカラーを別々のモニターとして2 台使用するのではなく、1 台でモノクロ画像とカラー画像の適正な表示ができるモニターの開発が期待されている。同社では、カラー表示対応でかつ、モノクロモニターと同等の高輝度と高コントラスト比を兼ね備えた3 メガピクセルカラー液晶モニターRadiForce RX320 を発売し、あらゆる画像表示に対応したハイエンドモニターとして提案する。

【主な特長】
・カラー画像とモノクロ画像の混在環境での適正な表示を実現
・カラー表示対応でかつ、モノクロモニターと同等の高輝度900 cd/㎡ と高コントラスト比
・1000:1 を兼ね備えたことにより、3D ボリュームレンダリングやフュージョン、内視鏡、超音波などのカラー画像と共に、胸部X線画像やCR(Computed Radiography コンピュータX線画像撮影装置)、DR(Digital Radiography デジタルX 線撮影法)など高輝度、高濃度を必要とするモノクロ画像も、同一モニター上で適正に表示できるようになった

【 お問い合わせ先 】
株式会社ナナオ 営業1部 メディカル課
TEL:03-5715-2014(代) FAX:03-3458-7001
サイト:http://radiforce.com/jp/