HOME > 新着ニュース

新着ニュース

アールエフ、デジタルX線センサーNAOMIシリーズの新製品としてマンモグラフィーセンサー「NAOMI F(仮称)」を来年春より発売~世界最高水準の画素ピッチ33μmを実現~

[ 2008/10/10 ]
2e048eeb23c.jpg
株式会社アールエフは、デジタルX線センサーNAOMIシリーズの新製品としてマンモグラフィーセンサー 「NAOMI F(仮称)」を来年春より発売する。
超高感度が求められるマンモグラフィーセンサーの商品化に向けて、NAOMIシリーズに使用されているMulti CCD Detector方式(*1)を応用し、世界最高水準(*2)の画素ピッチ33μmを実現。従来のNAOMIシリーズの画素の幅を70μmから2倍以上縮めることにより、早期のごく小さな腫瘤や、より細かい石灰化が検出できる。
販売価格は900万円を予定。一般的なデジタルX線センサーで用いられるアモルファスシリコンではなく、より汎用性の高いCCDセンサーを利用することで低価格を実現した。NAOMIシリーズの特長であるMulti CCD Detector方式を使用しているため、万が一の故障時にもユニット単位での部品交換が でき、メンテナンス費用を抑えることができる。
マンモグラフィーは通常のX線装置と比べて、より精細な画質が要求されるので、技術的な要因から非常に高額だった。同社は、NAOMIシリーズで開発したMulti CCD Detector方式を応用することで、900万円という低価格で販売。
NAOMIシリーズの70μmモデル「デジトゲンNAOMI」は、2007年に国内の一般診療所におけるデジタルX線(I.I DRタイプ)の納入実績No.1(*3)を取得。国内はもとより海外の開業医からも高い評価を得ている。シリーズ30μmモデル、「NAOMI F(仮称)」も低価格と高性能を両立。顧客ターゲットは一般開業医を含み、販売は初年度に500台を見込んでいる。また同社では、Multi CCD Detector方式のユニットを、パネル販売(OEM)することも視野に入れている。

(*1)12個のCCDを1ユニットとして、複数のカメラを組み合わせ、画像を取得する方法。当社独自の画像取得技術。CCD間の距離を詰めることで画素ピッチを上げることができる。ユニット数を増減することで、センサーのサイズを変えることも可能。

(*2)画素ピッチとは、隣あった画素どうしの間隔のこと。数字が小さいほど、高精細な画像が得られる。データは、2008年10月6日時点で、デジタルマンモグラフィーに関する公開情報に基づく(同社調べ)。
(*3)矢野経済研究所(本社:東京都中野区)調べ。2007年度メーカー(販売元)別台数シェアで、当社は29.6%を獲得した。

【お問合せ先】
■製品に関するお問合せ先
株式会社アールエフ 医療支援事業部
E-mail: md@rfsystemlab.com
Tel  : 026-225-7711 (平日 10:00~18:30)