HOME > 新着ニュース

新着ニュース

小腸用の「オリンパスカプセル内視鏡システム」“エンドカプセル”を10月15日より発売

[ 2008/10/14 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、日本メーカー初で、通常内視鏡に匹敵する高画質を実現した小腸用の「オリンパスカプセル内視鏡システム(愛称:Endo Capsule)」(以下、『エンドカプセル』)を10月15日から日本で販売を開始する。

【主な特長の概要】
1 通常内視鏡に匹敵する高画質を実現した小腸用カプセル内視鏡(外径11mm、
  長さ26mm)
2 世界初のリアルタイム観察を実現するビュワー
3 約6万枚の画像から医師の読影作業を効率化するワークステーション
4 内視鏡業務支援システム「Solemio ENDO(ソレミオエンド)」との連携を予定


【小腸用カプセル内視鏡の検査とは】
小型カメラや照明を内蔵した錠剤大のカプセルを飲み込むことで、小腸全体の撮影を行う患者にとって負担の少ない検査である。カプセルは、消化管の蠕動運動によって移動しながら1秒間に2枚、約8時間かけて合計約6万枚撮影する。

撮影画像は、カプセル本体から無線で患者が身に着けたアンテナに送信され、順次受信装置に蓄えられる。患者は、カプセルを飲み込んでから1~2時間後には病院を出て通常の生活に戻れる。撮影終了後、医師が受信装置から画像データをワークステーションにダウンロードして診断する。


【お問い合わせ先】
オリンパスメディカルシステムズ株式会社
販売本部 CIセンター
TEL:0120-41-7149/FAX:03-3375-7596
URL:http://www.olympus.co.jp/jp/
『エンドカプセル』
『エンドカプセル』

『エンドカプセル』