HOME > 新着ニュース

新着ニュース

小腸用の「オリンパスカプセル内視鏡システム」"エンドカプセル"日本で製造販売承認取得

[ 2008/09/10 ]
nr080910capsulej_01.jpg
オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、日本メーカー初で、通常内視鏡に匹敵する高画質を実現した小腸用の「オリンパスカプセル内視鏡システム(愛称:Endo Capsule)」(以下、「エンドカプセル」)について、厚生労働省から日本での製造販売承認を2008年9月8日に取得した。
同社は本商品を、2005年10月から欧州、2007年10月から米国で販売している。
同社は、小腸領域において診断を目的とするカプセル内視鏡、さらに診断・治療を目的としたシングルバルーン小腸内視鏡システムや内視鏡用処置具の総合的な価値提供により、小腸疾患の診断・治療に今後も貢献していく。
なお、「エンドカプセル」は10月1日~4日までグランドプリンスホテル新高輪ほかで開催される「第76回日本消化器内視鏡学会総会(学会長:京都第二赤十字病院 中島 正継 院長)」に出展される。

●「エンドカプセル」の主な特長
1 カプセル(外径11mm、長さ26mm)に高解像度CCD、自動調光機能を搭載し、内視鏡メーカーならではの通常内視鏡に匹敵する高画質を実現。
2 患者さんがカプセルを飲み込んだ後も、カプセルがどの臓器に存在しているかを画像で確認できる世界初(*)のリアルタイム観察を実現。
*2005年10月13日時点、カプセル内視鏡の分野において。オリンパス調べ。
3 約6万枚の画像から、前画像に対して動きの大きい画像を静止画で一覧表示する「オーバービュー機能」、動きの小さい画像をスキップして動画再生する「エクスプレスビュー機能セレクトモード」などの画像解析機能を搭載し、医師の読影作業の効率化を支援するワークステーション。