HOME > 新着ニュース

新着ニュース

腹腔鏡下外科手術を超えて将来の低侵襲治療の実現に向けたコンセプトモデル「マルチタスク内視鏡システム」を開発

[ 2008/09/01 ]
オリンパスメディカルシステムズ株式会社は、患者に負担の少ない内視鏡治療の発展に貢献するために、軟性内視鏡を用いた腹腔内手術の新手技「NOTES」(Natural Orifice Translumenal Endoscopic Surgery;経管腔的内視鏡手術)をはじめとする新しい低侵襲治療の実現に向けたコンセプトモデル「マルチタスク内視鏡システム」を開発した。
同コンセプトモデルは、体腔内の観察・処置への寄与を目的としており、軟性内視鏡とその先端部に取り付けられた2本のアームを操作するシステム。アーム操作部の両手操作によって、2本のアームは上下左右に、またアームに挿入された専用処置具は回転、進退、先端部の開閉を自由に操作することが可能となる。今後は、医師と共に基礎研究を通じて新たな手術手技に合わせた機器の改良を進めることで、実用化を目指す。
オリンパスメディカルシステムズ株式会社URL
  http://www.olympus.co.jp/