HOME > 新着ニュース

新着ニュース

(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン 256スライスのマルチスライスCT『Brilliance iCT』を発表

[ 2008/08/04 ]
さる8月1日、(株)フィリップスエレクトロニクスジャパンは同本社にて、256スライスのマルチスライスCT『Brilliance iCT』の記者説明会を行った。
同製品は、昨年のRSNA2007(北米放射線学会)にて発表された、世界最高となる高速256スライスのマルチスライスCTである。本邦では、7月11日付けで薬事が承認され、8月1日、発売開始となった。

同製品は、同社の新技術“EssenceTM Technology(エッセンステクノロジー)」をベースに開発されている。同製品と主な特長として、①高速“Speed”、②高画質、③高出力の3つが挙げられる。

①高速“Speed”では、従来のボールベアリングではなく、エアベアリングを採用することにより、世界初の0.3秒を大幅に切る、1回転0.27秒という高速での撮影を実現している。これにより、高心拍撮影性能が向上し、さらに、ステントの実効描出能も向上されている。②高画質では、独自のナノパネル技術による球面ディテクタを実現したことにより、アーチファクトを軽減し、高画質が撮像が可能となった。③高出力では、世界最大の1,000mAの出力を実現している。そのため、0.27秒スキャンでも十分なmAsが得られるため、体格が大きな患者でも十分な画質が得られる。

同説明会では、同社ヘルスケア事業部マーケティング本部CT/NM部長の小山克彦氏により、同製品の説明が行われたが、最後に同氏は「『Brilliance iCT』は、“患者の想いに応えるCT”をコンセプトに開発されました。この『Brilliance iCT』を私どものフラッグシップモデルとし、“真の患者にやさしいCT”として、患者の負担を減らすと同時に、診断フローの改善・効率化を図っていきたい」と述べた。
『Brilliance iCT.(ブリリアンス・アイ・シー・ティ)』
『Brilliance iCT.(ブリリアンス・アイ・シー・ティ)』

小山克彦氏
同社ヘルスケア事業部マーケティング本部CT/NM部長
小山克彦氏