HOME > 新着ニュース

新着ニュース

三洋電機 「メディコム事業部 事業説明会」 を開催

[ 2008/07/17 ]
三洋電機(株) 「メディコム事業部 事業説明会」 開催
~医療情報システムで診療所の業務効率化に貢献!~


さる7月16日、三洋電機(株)は東京ベイ有明ワシントンホテル(東京・江東区)において、同社メディコム事業部の 「事業説明会」 を開催し、同社コマーシャルカンパニー メディコム事業部長 小宮 宏之氏によって会見が行われた。

医療情報システム市場は、JAHIS(保健医療福祉情報システム工業会)が定める目標値として2011年度には5,000億円規模との予測が立っている。そのような市場動向を踏まえ、同社メディコム事業部は 「人々の医療・福祉・健康をITで支える」 というビジョンに基づき以下の4つの事業方針を掲げ、事業の拡大を目指していく考えだ。

【メディコム事業部の事業方針】
①電子カルテ事業の拡大
②レセプトオンライン請求とネットワーク戦略
③特定健診・保健指導市場への参入
④調剤薬局ソリューション


また、富士フイルム社と共同開発の 新製品多機能ワークステーション 『FCR CAPSULA VIEW』 についての発表も行われた。両社はそれぞれ 「国際モダンホスピタルショウ2008」 (会期:7月16日~18日) に出展しており、同製品はそれぞれの展示ブースで出品されている。

これは、診療所に対するレセコン トップシェアメーカの同社と、CR トップシェアメーカの富士フイルム社がそれぞれの強みを持ちよった成果によるものであり、ITによる診療所の診察業務の効率化と省スペース化を実現するものである。

なお、同製品の詳細は当サイト 「新製品情報」 に7月16日付で掲載されているので、合わせて参照していただきたい。


%E4%BA%BA.JPG
コマーシャルカンパニー メディコム事業部長 小宮 宏之氏
      
%E7%89%A9.JPG
多機能ワークステーション 『FCR CAPSULA VIEW』