HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ 複数部門統合型 医用情報システム 『RapideyeCore』 を発売

[ 2008/07/16 ]
東芝メディカルシステムズ(株)は、医用画像情報システム 『Rapideye』 シリーズの新製品として、次世代型医用情報システム 『RapideyeCore』 の発表を行い、2008年7月16日より販売を開始する。


【開発の背景】

2008年4月の診療報酬改定により新設された 「電子画像管理加算」 により、医療機関のフィルムレス運用が要請されPACSへの需要が高まっている。

また、医用画像情報システムPACSは、マルチスライスCTやMRIなど医用機器システムのデジタル化・撮影画像データの大容量化に伴い、データ転送・展開高速化、保管容量の大容量化といった進歩を遂げてきた。これに加え、データの院内配信、電子カルテなどの院内システムとの連携、複数部門統合型システムの構築、地域医療連携といったニーズが高まり、PACSの更なる進歩が期待されている。

同社はこのようなニーズに応えるべく、PACSへ静止画/動画データの統合管理機能、心電図データ(MFER方式)/Windows汎用ファイルデータの保管・管理機能などを搭載した。


【新製品の特長】

(1)医用情報システムの Total Optimization
静止画/動画データの統合管理機能、心電図データ(MFER方式)/Windows汎用ファイルデータの保管・管理機能を搭載しており、放射線画像のみならず、心電図データや内視鏡データなども一元管理し、電子カルテなどの院内システムと連携することが可能となった。これにより、院内全ての部門システムを1つのシステムでシームレスに管理・運用することができ、初期投資を抑えた医用情報システムの構築を実現する。
また、 「簡単、便利、スピーディに使える医用情報システム」 をコンセプトに、全ての配信系アプリケーションをWeb対応させている。これにより、院内システムへ医用情報をシームレスに配信することが可能となり、フィルムレス化の促進、医療の質の向上に寄与することができる。

(2)医用機器システムと医用情報システムとの融合
同社は、独自の発展を遂げてきた医用機器システムと医用情報システムを融合させることで、新たなソリューション、新たな価値の創造を目指している。 『RapideyeCore』 においては同社独自のSyncShot機能を搭載し、検査スループットの向上や患者取り違えの防止を実現する。また、Enhanced DICOMデータハンドリング、診断機器RAWデータハンドリングを搭載し、PACSを医用機器システムの一部として運用することを可能にしている。
加えて、サーバサイドアプリケーション技術などを駆使し、今までは医用機器のコンソールでのみ可能であった処理などを医用情報システム上で行うことなどを目指していく。これによって、撮影業務と画像処理作業の分担、効率化が進み、さらなる人員リソースの有効活用、検査スループットの向上が期待できる。

(3)超大容量管理と先進技術によるデータ配信/遠隔地配信
近年の医用機器システムの発展はめざましく、 『Area Detector CT Aquilion ONE』 に代表されるような先進機器を運用するには、今までのデータハンドリング容量を上回る100TB、1PBといった容量を保管し、臨床現場へ展開する必要が生じてきた。 『RapideyeCore』 は、これらに対応するために超大容量管理機能 (~1PBまで対応) Enhanced DICOMデータハンドリング機能を搭載した。
また、超大容量で保管されたデータを配信する技術として、サーバサイドアプリケーション技術、改良型Web配信技術などを搭載しており、これらをハイブリッド利用することで、遠隔地でも高速にデータ展開させることを可能にした。これにより、地域医療圏における医用情報の集中管理、へき地医療、地域医療連携、遠隔読影などへの利用が期待できる。

(4)PACS基本機能の大幅向上と医療の質の向上
『RapideyeCore』の根幹を支えるPACS基本性能においては、画像受信速度、画像展開速度など全ての項目を見直し、大幅な性能向上を果たした。特に、画像展開速度については1000画像/秒の高速展開を実現している。
また、ビューアソフトにはハンギングプロトコル相当機能やDICOM-GSPS機能なども搭載し、利便性を一層向上させている。これに加えて、HyperlinkReportを利用することにより読影効率の向上やEBMの実践を支援し、医療の質の向上に寄与することができる。



■新製品に関する問い合わせ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 SI事業部
TEL:03-5783-1611