HOME > 新着ニュース

新着ニュース

東芝メディカルシステムズ 「特定健康診査・特定保健指導」対応の新型総合健診システム 『Health support Agent』を発売

[ 2008/07/16 ]
東芝メディカルシステムズ(株)は、メタボリックシンドロームに着目した 「特定健康診査・特定保健指導」 に対応した新型総合健診システム 『Healt support Agent』 を開発し、2008年9月より販売を開始する。


【開発の背景】

厚生労働省は、将来の医療費負担を抑えることを目的に2008年度からメタボリックシンドロームの予防・改善を目的とする新しい健診制度を導入し、「特定健康診査・特定保健指導」 を医療保険者に義務付けた。

健診センターにおいては、複雑化、膨大化していく検査データを高速に処理し、受診者情報を的確かつ安全に管理し、効率的に運用できるシステムが求められている。さらに、診療と健診を融合させた高機能クリニックの対応が求められ、モダリティを含めた診断機器の共用利用、がん発見のためのアプリケーションも合わせ持つ必要がある。

同社は、健診システム市場においてはドック施設を中心に約25%のシェアを持つ。また、画像診断システムメーカとして長年の実績があり、医療機関のワークフローやユーザニーズなどの知識を蓄積している。 『Health support Agent』 は、1日20人規模の施設から200人程度の健診施設に向けて 「健診に関わる全ての人のために」 をコンセプトに開発されており、システムの使用者にも、健診の受診者にも快適な環境を提供する。

また、高機能クリニック向けに、診療システムとの患者ID情報連携はもとより依頼情報・検査結果連携まで含めた提案が可能となる。


【新製品の特長】

(1)すべての検査を統合管理
受診の勧奨、予約などの 「事前業務」 から、受付、各種データの収集、面接、成績表発行などの 「当日業務」 、各種統計、フォローアップなどの 「後日業務」 まで、煩雑な健診の各ステージを的確に管理することができる。また、東芝製医事会計システムと健診受診者のID情報の連携ができるので、操作の効率化を実現する。

(2)利用者にやさしいインタフェイス
業務ごとに取り扱う情報を整理し、操作項目を1つの画面に集約したため、初めて利用する場合にもわかりやすい画面デザインになっている。また、視認性の高い色とアイコンを使用することにより、直感的な操作を可能にする。

(3)医療の質を向上
東芝医用画像管理システム(PACS) “Rapideye” と組み合わせることにより、フィルムレス運用の画像統合型健診システム “健診PACS” へ発展することができる。このトータルシステムにより、検査、読影の各業務をさらに効率よくサポートするのはもちろん、受診者の前回、今回画像をビューアに表示し読影できるので、検査の質が向上する。
さらに、データのトレンドグラフ、Web参照画像、所見を受診者にわかりやすく画面上に表示するなどの効果的な指導が行えるので、インフォームドコンセントの質を高めることができる。

(4)特定健康診査・特定保健指導に対応
厚生労働省から 「標準的な健診・保健指導プログラム」 で示された、メタボリックシンドロームの診断結果を階層化し、保健指導対象者を的確に抽出することができる。また、保健指導については、特定健診結果をもとに健康度合いを評価する仕組みとしてワークフロー管理を実現させ、支援スケジュール、行動計画表の作成から指導内容の登録が可能となる。

(5)安心のセキュリティ機能
操作者の権限管理機能により、業務の起動制限、業務内の操作制限ができ、担当者ごとのメニューを作成することができる。また、データの登録、変更、削除、表示、出力の各操作における履歴管理が可能で、情報の漏洩を防止することができる。



■新製品に関する問い合わせ先
東芝メディカルシステムズ株式会社 SI事業部
TEL:03-5783-1611