HOME > 新着ニュース

新着ニュース

コニカミノルタ 「平成20年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞」 を公募

[ 2008/07/02 ]
 コニカミノルタ画像科学振興財団は、新技術めまぐるしく開発される画像分野で、新しい画像技術の探求を基本テーマに
「平成20年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞」 を広く公募する。
応募締め切りは2008年9月30日まで。

「平成20年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞応募要項」
基本テーマの趣旨:
 近年、可視化された画像が社会環境、生活環境に大きく関わりを持つことが認識され、単に画像工学的見地からだけでなく、社会科学的見地からも総合的に把握する学問であると考えられています。人間の視覚機能と識別評価機能を通じて、芸術、経済、社会などの広い分野を含めた総合的学術活動として国際的に認知され、 “Imaging Science” として広く定着するようになりました。
【対 象】
(1)対象となる研究分野
画像科学の領域が、ハードコピーから液晶や有機ELに代表されるソフトコピーへの潮流が形成されつつある。これに用いられる材料・デバイスはナノテク領域へ拡大し、医学分野では、ライフサイエンス領域まで、画像科学が発展されている。これらの研究をはじめ、さまざまな研究分野における画像技術の活用や斬新な発想による画像科学に関わる研究のご応募する。
なお、便宜上、以下の3分野に分けてテーマを募集します。
  1. 画像に関する材料およびデバイスの研究
  2. 画像に関するシステムおよびソフトウェアの研究
  3. 画像に関するその他の先端的な研究
(2)募集資格
日本の大学、国立および民間公益研究機関の画像科学に関する研究者で、個人またはグループを応募資格をします。ただし、年齢は40才以下(応募締切の9月30日現在、グループは代表者)とします。
 
【概 要】
(1)奨励賞および副賞
コニカミノルタ画像科学奨励賞は4件とし、その副賞は1件100万円とします。
(2)研究報告
奨励賞を受けられる方は、1年後 「研究経過報告書」 を提出していただきます。
【選考委員会および選考基準】
(1)選考委員会
本多健一 東京工芸大学名誉学長を委員長とする 「奨励賞選考委員会」 で厳正に選考します。
(2)選考基準等
  1. 発想の独創性:テーマや内容に独創的な発想があり、研究の発展が見込まれること。
  2. 計画の実現性:助成により、計画の所期の目的達成が促進されると認められること。
【応募手続】
(1)申請書
当財団ホームページhttp://konicaminolta.jp/pr/foundation/
より申請書のフォーマットをダウンロードして利用してください。
(2)応 募
平成20年9月30日(必着)までにご郵送ください。
(3)結果通知
平成20年12月以降
(4)注意事項
  1. 申請書はご請求がない限り返却致しませんのでご了承下さい。(他資料添付は不要)
  2. 受賞された研究について学会発表(論文、口頭)の際は本助成を受けた旨を明記して下さい。
  3. 入選者の氏名や研究テーマを新聞、雑誌、インターネットなどで公表することがあります。
  4. その他の応募の際の留意点は当財団HP内、注意事項をご覧下さい。
【財団事務局/申請書送付先】 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-1 コニカミノルタホールディングス(株)内
コニカミノルタ画像科学振興財団事務局
TEL (03)6250-2050  FAX (03)3218-1361