HOME > 新着ニュース

新着ニュース

世界初のワイヤレスフラットディテクタを搭載した、フルデジタルX線撮影装置 『Ysio』 を販売開始

[ 2008/06/23 ]
シーメンス旭メディテック株式会社は、世界初のワイヤレスフラットディテクタ 『wi-D』 を搭載し、真のオールデジタル環境を可能にしたX線撮影装置 『Ysio(イージオ)』 を2008年6月16日に販売を開始した。

診断の基礎ともいえる単純撮影検査は、施設・検査ごとにさまざまなニーズが存在する。 「Ysio」 は新開発のワイヤレスFD「wi-D」 を搭載し、一般撮影検査、外傷・救急撮影検査、胸部健診、特殊撮影など、さまざまな検査をカセッテやCRを使用せず1台のシステムで、スムーズに、効率良く対応でき、撮影現場のワークフローを大幅に向上させる、新たなソリューションである。


◆主な特長
1) 撮影室内で自由にレイアウト可能なFD「wi-D」

ワイヤレスで取り回しの容易な wi-D はカセッテおよびCRと同様の感覚で使用可能。従来のFD内蔵型システムでは実現できなかった側臥位正面撮影、肩関節軸位撮影などのポジショニングや、ストレッチャー上の患者の撮影などにもフレキシブルに対応。


2) 500通り以上の撮影ポジションに簡単セッティング

プリセットされた500通り以上のシステムポジションは、RISあるいは Ysio 本体に登録された器官プログラムに連動して自動的にセッティング可能である。立位から臥位へのポジショニング変更もワイヤレスリモートコントローラを操作するだけで、簡便かつ迅速に可能である。2管球システムの持つワークフローを1管球システムで実現できる。


3) 大型タッチスクリーンコントローラ 『MaxTouch』 を搭載

X線管球ユニットに大型タッチスクリーンコントローラ 『MaxTouch』 を装備。器官プログラムや撮影条件の変更など、さまざまな操作を指先で行える。視認性の高い操作パネルと感覚的に操作可能なアイコンにより、高速なオペレーションをサポートする。


◆詳細・お問い合わせ先
シーメンス旭メディテック株式会社
マーケティングコミュニケーショングループ
TEL:(03)5423-8421 FAX:(03)5423-8494
www.siemens.co.jp/healthcare/
20080623161834001.jpg

20080623161911001.jpg