HOME > 新着ニュース

新着ニュース

FTS電子内視鏡システム「ジャスティア(Justia)」新発売

[ 2008/05/26 ]
  富士フイルムグループのフジノン株式会社は、フジノン東芝ESシステム株式会社を通じ、電子内視鏡システムの新製品「ジャスティア(Justia)」を6月1日より発売する。
 「ジャスティア」は、最新のデジタル技術で高画質を実現し、多彩な機能を搭載しながら、簡単操作、コンパクト設計、お求めやすい価格を実現した電子内視鏡システム。スコープ部には高性能「スーパーCCDハニカム」を搭載した先端径5.9mmのスコープを採用し、経鼻内視鏡検査で詳細な観察を可能にする。今後、診療所やクリニックなどを中心に、経鼻内視鏡検査の次世代スタンダード電子内視鏡システムとして拡販を図る。
1.主な特長
【プロセッサー】
・ 最新のデジタル技術で高画質を実現。病巣の観察に威力を発揮。
・ 色彩強調機能や電子拡大機能などの多彩な機能を搭載
・ コンパクト設計で省スペース化に貢献。
・ 高画質、高機能でありながら、お求めやすい価格を実現。
【スコープ】
・ 上位機種に採用している「スーパーCCDハニカム」を搭載し、高画質を実現。
2.製品概要
(1) システム名 :電子内視鏡システム「ジャスティア(Justia)」
(2) 販売名 :プロセッサー:プロセッサーEPX-3000
        スコープ:電子内視鏡EG-3000N
(3) 発売時期 :2008年6月1日
(4) 発売地域 :国内
(5) 初年度販売見込 : 2,000台
justia-l.jpg
ジャスティア