先輩はメタボである。


アーカイブ [ 2009年09月 ] 記事一覧
2009年09月30日(水)

理由を聞くのは野暮というものだ。

昨日、浜松町を歩いていました。
時間はおそらく16:00頃です。
そこで面白いものを見かけました。

道端にひとつのダンボールがあったんです。
そして、中には1人のビジネスマンが。
「え、何で??」 って感じでしたよ。

開けた箱にお尻を突っ込んで、
手足と顔が飛び出している格好です。
訳がわからないですよね。

そんな中、スーツ姿のビジネスマンは
涼しい顔で携帯をいじっていたんです。
まるで、リビングのソファに腰をかけて
寛いでいるかのような風情でした。

写真を撮ろうか立ち止まって悩んだんですが、
さすがに気が引けて止めてしまいました。

でも、それでは状況がわからないですよね。
面白さも伝わらないと思います。
なので…やってみました。


箱マン


これを浜松町の道端でやっているんですよ。
とっても面白いでしょう?
でも、反応しているのは僕だけでした。

これをスルーして歩ける浜松町の人々は
とってもクールですね。

   ・
   ・
   ・

まさか、見慣れた風景か?
それならしばらく通ってみなければ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月29日(火)

ある意味、大英断ではある。

新居の近くにスーパーがあります。
駅の近くということもあって、
郊外型の大型店舗と比べると
やや小ぶりな印象のお店です。

ということは、置ける商品の数にも
限りがあるということですよね。
当然、取捨選択が必要なわけです。
今日はそんなお話です。


最近よく、PBって耳にします。
プライベートブランドの略で、
小売店独自のブランド商品です。
値段の安さも手伝って、
最近このPBが急速に増えています。

また、エコが声高に叫ばれる昨今、
“詰め替え用” なる商品も
たくさん発売されています。
容器が不要なため値段も安く、
ゴミまで減らせるという素敵な商品です。


さて、話は戻って駅前のスーパーです。
トイレ用の掃除シートってありますよね。
拭いたら流せるっていうアレです。

引越しした直後って、
そういうの必要になるじゃないですか。
なので買いにいったんですが、
陳列棚を見てひっくり返りました。

お店で売っている商品は下記の2種類です。
①花王・トイレクイックル(詰め替え用)
②トップバリュ・トイレ掃除シート(詰め替え用)


え、詰め替え用だけ?
容器持ってないんだけど?

というか、詰め替え用の商品って、
容器入りの通常商品とセットじゃないと
置いちゃいけないと思うんですけど。
僕みたいに1発目だと、お手上げですもん。

確かに店長も迷ったと思います。
迷ったうえでの結論だと思います。

トイレクイックルも置きたい。
PBも置きたい。
詰め替え用も置きたい。
でも、スペースが足りない。
よし、詰め替え用2つだ!
ってね。


わかる。
わかるよ、店長。
でも、俺、シート1発目だ。

買ったよ。
詰め替え用を買ったよ、店長。
ただ、残ったシート、乾き気味だ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月28日(月)

買うお鍋は決まっています。

引越しが終わって落ち着いたら、
料理を頑張ろうと計画していました。

ケンタロウさんのように
“モテ料理野郎” になろうかと。

最近 “モテ” の話ばかりしていますが、
モテたいので仕方がありません。

日曜日には2つの料理番組をチェックして
イメージトレーニングはバッチリです。
…のはずです。
男子ごはん
ウチゴハン


ということで、
シルバーウィーク明けからの
僕の夕食を大公開です。

【9月24日・夕食】
9月24日(木)

【9月25日・夕食】
9月25日(金)

【9月26日・夕食】
9月26日(土)

【9月27日・夕食】
9月27日(日)


ええ、そうなんです。
全てお弁当とお惣菜です。

でも、仕方がないんです。
鍋も食器も持っていませんから。
もちろん、買ったらやりますよ!


…って言っている人ほど
やらないんですよね。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月25日(金)

でも、家にいたら見ますよ。

金曜日の音楽番組といえば、
ミュージックステーションですね。
タモリが司会のやつです。

なんと、今日の夜7時からは
そのミュージックステーションが
スペシャル版で放送されます。

3時間の拡大枠にて、
国民的名曲のBEST100を決定するそうです。
こりゃあ、名曲揃いですよ。

でも、国民的名曲の100位は…
すでに国民的名曲ではない気がします。
どうですかね?

僕が100位のアーティストだったら
きっと赤面してしまうでしょう。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月24日(木)

誰が住むかが重要なのか。

汚い部屋に案内されるよりは、
片付いた部屋に案内される方が
そりゃあ好印象ですよね。

案内するのが男性でも女性でも、
案内されるのが友人でも恋人でも、
それは同じだと思います。


引越しをするってことは、
部屋が片付いているってことです。
まあ、空っぽですからね。

ということは、自分の心がけ次第で
“モテ部屋” を作り上げることも
十分可能なわけです。


連休前の金曜日のことでした。
午後半休をもらった僕は、
不動産屋さんから鍵を受け取り、
未来の “モテ部屋” に
心を弾ませながら行ってきました。

せっかくなので記念撮影。
デジカメのセルフタイマーで
自分と部屋を撮ってみました。


%E6%96%B0%E5%B1%85.JPG


おかしいな?
この写真からはモテを予感させるものが
何ひとつ見つからないぞ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月18日(金)

じゃあ、2人で遊びにおいでよ。

いよいよ、この連休で引越しです。
激動だったここ1ヶ月間も、
過ぎてしまえば速いものですね。

3年半におよぶ奇妙な共同生活にも、
ピリオドを打つ日が近づいています。

大切な仲間” と離れる寂しさ。
住み慣れた家を離れる寂しさ。
新居での新たな生活への期待。

現在の心境としては、
それらの気持ちが入り乱れた
とっても不思議な感覚です。


とはいえ、引越し日の直前に
奥さんに家を追い出された友人が
コロッと転がり込んできたり、
感傷に浸っている暇もありません。

まあ、そんなところも我が家らしくて
アリなんじゃないかと思います。
コロリの本人からしてみれば、
とても笑えない状況でしょうけど。


「新居は何日いてもいいからね。」
とコロリの友人にも言いました。
もちろん、100%の善意からです。

「ありがとう。できれば避けたい。」
というのが彼のお返事。
そりゃそうだね。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月17日(木)

改心の出来だと思ったのに。

先日、不意に携帯電話が鳴りました。
着信を見ると学生時代の友人からです。

とりあえず電話に出てみると、
「嫁に家を追い出されたから泊めて…」
との依頼が入りました。

引越しの荷物が山積みの部屋ではありますが、
野宿させるわけにもいかないので彼を収容。

その日の夜は男2人で緊急会議を開催し、
仲直りのための言葉を必死で考えました。

次の朝、彼は仲直りへの手ごたえを掴んで、
意気揚々と帰っていきました。

その夜、彼から1通のメールが。
メールでの連絡に少々不安がよぎりながらも
さっそくメールを開封しました。
すると、そこには驚きの文章が。


「今日と明日も泊めてもらえる??」


一晩考えたお詫びの言葉も
奥さんの心には響かなかったようです。

あれだけ2人で考えたのに…
駄目な男が何人集まったところで、
出る結論は駄目なようです。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月16日(水)

忙しくて、2分で書きました。

何年か前に恋をした女の子は
鼻の下に黒子がありました。

「え?ほくろ?」
って感じると思うんですけど、
それがとっても可愛かったんですよ。

結局その恋は実りませんでしたが、
似た雰囲気の女の子とすれ違うと
今でもドキッとしてしまいます。

「ん?あの娘じゃないか!?」
ってね。
そして、ついつい鼻の下チェックを。

人混みの中なんかでは、
ドキッ→鼻の下→ドキッ→鼻の下
の繰り返しです。

全国の女性の皆さん。
すれ違うときに
「ん?あいつ鼻の下見た?」
っていう男がいたら、
それはきっと僕です。


…何の話だ??



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月15日(火)

気が弱いので叫びませんが。

突然ですが、電車に乗っている時に
車両間を移動する人が嫌いです。

空いているならまだ我慢できますが、
混んでいる車両の中を歩かれると
ついついイラッとしてしまいます。

降りる駅のベストポジションに
移動したい気持ちはわかります。

階段のすぐ側に降りられれば、
朝のラッシュ時はそれだけで
電車が1本変わったりしますからね。


その気持ちは痛い程わかるので、
百歩譲って移動はOKとしましょう。
最近はそう思うようにしたんです。

でも、そうやって歩く人に限って、
何故か開けた扉を閉めないんですよね。
本当に多いですよ、そういう人。

あそこの扉が開けっ放しだと、
風は吹くわ、音はうるさいわで
大変なことになるんですよ。

こればっかりは本当に嫌いです。
車両の継ぎ目に立つ機会が多い僕は
いつもその扉を閉める羽目に。

「家に帰ったら扉は閉めるだろ?
なんでこの扉が閉められないんだ!」
って叫びたいですよ。


まあ、ちっさいことにイライラしている
“小物の発言” ですけどね。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月14日(月)

結果オーライというやつです。

引越しを前に部屋の整理をしたら、
「これはもう、いらないかな…」
っていう本・マンガ・CDなどが
たくさん出てきました。

その数、合計で97点。
紙袋にして5枚分の量でした。
知らない間に増えるもんです。

捨ててしまうのは簡単ですが、
エコじゃないし、何より勿体ない。
捨てるよりはずっといいと思い、
ブックオフで売却することに。

しかし、重たい紙袋5枚分ですからね。
とても徒歩や自転車では運べません。


ということで、ヨシオ にTEL。
愛車のムラーノで迎えに来てもらい、
一緒にブックオフへ行って来ました。

売却結果は…
予想以上の5,770円也。

「どうだ、賢い消費者だろう!」
とヨシオに向かってうそぶく僕。
今から思えば、この言葉が失敗でした。


ヨシオにお礼をするために、
車を置いてから地元の居酒屋へ。
(僕の実家とヨシオの家が近所なんです。)

そこは学生時代の想い出のお店です。
当然、ヨシオとも何度も通いました。
しかし、実家を出てからすっかりご無沙汰で、
顔を出すのは約4年振りです。

軽く1杯のつもりでしたが、
マスターとの再会もあったので、
すっかり腰を落ち着けてしまいました。

そんなこんなでお会計…
予想以上の15,700円也。
結局、1万円近い赤字になりました。


「さすがは賢い消費者っすね!」
と爆笑するヨシオ。

あのひと言さえなければ…(悔)
でも、その笑顔が見られたからOKさ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月11日(金)

きっと彼女の心の叫びなんだ。

自転車のベルってありますよね。
通行人に合図をするアレです。

普通は前を歩いている人に
後ろから近づく自分を知らせる時に
鳴らすじゃないですか。

自 「チリンチリン」
-振り向く通行人-
歩 「あら、ごめんなさい」
的に。

車のクラクションもそうですけど、
アレを思いっきり鳴らされると
ちょっとびっくりしますよね。
場合によっては腹も立ちますし。

結構、デリケートな作業です。
鳴らすのが苦手だっていう人も
いるくらいですよね。


昨日、自転車に乗ったおばちゃんが
ベルをめっちゃ鳴らしてたんです。
反対車線の人も振り向くくらいに。

しかも、鳴らしているのは全て
正面から歩いてくる人に対してです。

全員おばちゃんに気付いていますし、
もちろん道も開けています。
でも、めっちゃチリンチリン。


…自己表現のひとつですかね??



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月10日(木)

基本、寂しがり屋なもので。

引越しが決まって2週間が経ち、
最近ようやく落ち着いてきました。

これまではバタバタの連続でしたが、
諸々の手配がひと段落すると
途端に寂しさが出てくるものです。

3年半という時間は決して短くなく、
お互いに色々なことがありました。
嬉しいことももちろんですが、
つらいこともありましたからね。


家族には話しづらい。
でも、友達にも話しづらい。

思えば、そんな悩みがあった時にも
遠慮なく相談し合える仲間でした。

“友達以上、家族未満”
そんな距離感の仲間がいることで
いつも救われてきたんだな、と思います。


楽しいこともたくさんありました。
3人いれば、楽しさ3倍です。
結婚式のスピーチみたいですけど。

“大人以上、子供未満”
最初に決めた同居生活のコンセプトは、
完璧に達成できたんじゃないでしょうか。


“握りずしパーティー”
では本気ですしを握って。

“ラーメンパーティー”
では本気で出汁を取って。

“サマーキャンプ”
では本気で花火を楽しんで。

僕らは全員同い年で、今年31歳。
集まる仲間も同年代が中心です。

そんな大人たちが全力で遊ぶ。
子供に負けちゃいられないよ、って。


おかげで出不精だった僕も
だいぶ外に出るようになりました。
そんな変化が今の野球にも
結びついているんでしょうかね。

あと10日間でこの暮らしも終わります。
でも、永遠の別れではありませんから。

ひとまず、笑顔でサヨナラをいいたい。
そんな風に思ってみたりして。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月09日(水)

カキフライは別格なんですよ。

家具、家電、キッチン用品、掃除用品…
会社帰りにも、週末にも、
引っ越しに備えていろいろと見ています。

金もないのに目ばかり肥えているので、
予定よりもかなり費用がかさみそうです。
インテリア業界出身者の性でしょうか。

ということで、今月は “節約月間” と銘打ち、
無駄遣いをしないことにしました。


まず手を入れたのは昼食です。
会社内でお昼を食べられる時には、
オリジン弁当” の海苔弁(290円)限定
とすることに決めました。

会社から弁当屋までは約50m。
海苔弁を買うつもりで出かけたはずなのに、
店内でアレを見つけてしまったんです。


カキフライ弁当


そう、カキフライ弁当です。
カキフライだけは駄目なんですよ。
好き過ぎるので。

カキフライ弁当を見たその瞬間、
“海苔弁限定” などという言葉は即デリート。
なので、何の躊躇も罪悪感もなく購入です。

事務所に戻って弁当の蓋を開ようとした瞬間、
「あれ?海苔弁だったっけ?」 と思い出す始末。


ニワトリか、俺は。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月08日(火)

多摩川の星 24

<第24話>
野球も政治も、同じことが言えるわけです。



最近、バットを購入しました。
木製のものが安売りで4,000円だったので。

素振り用なら値段は関係ないな、と。
本番は他人の高級なバットで打とう、と。
しわい話ですけど。


とはいえ、せっかく買ったわけですから
さっそく素振りをしてみたところ、
あっという間にマメができてしまいました。
まだまだ振り方がおかしいんでしょう。


%E6%89%8B%E3%81%AE%E3%81%BE%E3%82%81.JPG


チームメイトにマメの話をすると、
「お前がこんなに努力をするなんて!」
といたく感動されてしまいました。

いやいや、振ったのは1日だけだよ?
きっと、振り方がおかしいだけだよ?
そんなに大したことじゃないよ?


しかし、彼らの感覚からすると
たった1日の素振りでこんなマメは
できるはずがないのでしょう。

あっという間に 「努力の人」 として
祭り上げられてしまいました。

キャプテンにいたっては、
「努力をする人間が報われるべきだ」 と
僕の打順昇格を考え出す始末。


盛り上がりに水を差すこともできず、
本当のことを言いそびれてしまいました。
どうやら僕は、とても厄介な十字架を
背負ってしまったようです。

自分の実情以上の評価をくだされる…。
これは結構なプレッシャーですね。

でも、そのチャンスを生かすことが大切です。
努力でその差を埋めていけばいいわけです。
そうだよね、チルドレン?



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月07日(月)

本当に素敵なドラマなんですよ?

昨日から、TBSドラマ “官僚たちの夏” の
第2部が始まりましたね。

城山三郎の原作はもちろんのこと、
8月まで放送されていた第1部(1話~7話)すら
1度も見たことはありませんでした。

しかし、夕方に放送された第1部総集編で
このドラマにすっかり魅了されたため、
焦れる想いで21時を待ってしまいました。

最近、この手の “直前作戦” が多いですよね。
まんまとTBSにやられてしまったわけです。
ちっくしょう。


とはいえ、本当にいいドラマでした。
「やられた!」 と言いつつもニンマリです。

司馬遼太郎の 「翔ぶが如く」 や 「坂の上の雲」
を読んだ時と同じ高揚感がありました。

時代の転換点において国のために生涯を捧げた
熱い男たちの生き様を見ていると、
ついつい目頭も熱くなってしまいます。
これぞ 「公」 の鏡って感じです。


しかし、感動してはいるものの、
どうしても民主党の 「脱官僚」 という言葉が
心に浮かんでしまうんですよね。

僕は政治のことも行政のことも疎いですけど、
今の官僚の人たちがこのドラマを見たら
どういう風に想うかは興味深いですね。

こんな僕って、やっぱり素直じゃない?



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月04日(金)

言葉で表現するのは困難です。

先週の日曜日のこと。
バタバタで 物件探し をしたあと、
川崎のとある家電量販店で
生活家電の下調べをしていました。

すると、後ろから不意に声をかけられました。
振り向くと地元の友人が立っています。
久し振りに実家に帰ってきたそうで、
奥さんと一緒に来店していました。

親切にも、「地元の友達だよ」 なんて
紹介までしてくれちゃいました。
しなくてもいいのに。

5連休で地元に戻ってくることを伝えると、
彼らも来年の3月には近くに引っ越すそうです。
約10年ぶりの再会ですからね。
今度ゆっくり飲もうと約束をして別れました。


ちなみに、声をかけられた時の僕は、
29,800円と33,800円の冷蔵庫を
真剣に見比べているところでした。

いや、べつに何の問題もないんですが…
ちょっと、何だなって思いましたよ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月03日(木)

「男は黙って食え」 ってことだ。

出世魚ってあるじゃないですか。
成長によって名前が変わる魚です。
代表的なものといえばブリでしょうか。

あれって地方によって呼び名が違うって
ご存知でしたか?
僕は全く知りませんでした。

関東地方では
ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリ
関西地方では
ツバス→ハマチ→メジロ→ブリ
と変化するらしいです。

僕が行くような寿司屋や居酒屋では
“ハマチ” を見ることはあっても、
“イナダ” を見ることは少ないです。

東京に住んでいるのに不思議ですね。
まあ、江戸前の高級寿司店での呼び名は
全く考慮に入っていませんけど。


そういえば、以前どこかのお店で
“イナダ” なる魚を食べたことがあります。

僕の記憶が正しければ、
「ハマチっぽいけど、こっちのが好きかも」
的な発言をした覚えがあります。

一緒にいたメンバーは忘れましたが、
誰ひとり突っ込むことはありませんでした。

知ってて黙っていたのか?
知らなかっただけなのか?
もう、気になって夜も眠れませんよ。




中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月02日(水)

本質的には同じはずなのに。

元サービス業ということもあって、
営業マンや販売員のツボは
ある程度押さえているつもりです。

なので、気に入った担当者には
「どうすれば彼(彼女)が
気分良く仕事をできるのか?」
ということを考えて
いろいろと気を遣ったりします。


急に引っ越しが決まったこともあり、
先週末は不動産屋さんをあちこちと
回ってきました。

そのうちのある不動産屋の担当者が
とても気持ちのいい男の子だったので、
僕も “全力で” 接客を受けました。

結果として契約には至りませんでしたが、
渾身の逆接客(?)に感動してくれたらしく、
「今度、飲みに連れて行ってください!」
と連絡先を渡されました。


もちろん、嬉しかったですよ。
嬉しかったんですけどね…。

どうして “おとなのお店” では
同じ展開にならないんだ!

って思いましたよ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年09月01日(火)

3日間あれば世界は変わる。

早いもので今日から9月ですね。
天候・気温の変化とは別に、
9月と聞くと途端に “秋感” が
増すような気がします。

そのように季節が夏から秋へ
ゆっくりと移ろいを見せる中、
先週末は激動の3日間になりました。


え?衆院選?
まあ、それもそうなんですけどね。

実は、急に引っ越しが決定しました。
同居人の1人が新居を決めたそうで。
完全な事後報告ですよ。

残りの1人と相談して、
これを期に同居生活の解消を決めました。
期日は9月末日。
それが金曜日の夜のことです。

そこからの展開は速かったですよ。
なにせ、1ヶ月で全ての手続きを
終わらせなければいけませんから。


この土・日の2日間で
部屋を決めて、
引っ越し日を決めて、
家具・家電の見積りをとって、
オマケに野球をしてきました。

来週の土・日の2日間で
本契約をして、
引っ越し費用の見積りと発注をして、
家具・家電を決めて、
ついでに野球をしてきます。

そして、1週間はさんだ
シルバーウィークの5日間で
鍵をもらって、
掃除をして、
引っ越しをして、
家具・家電の配送をして、
やっぱり野球をしてきます。


そうなんです。
引っ越し作業がなかったとすると、
週末は野球ばっかりなんです。

秋野球。



中華風仕切線

ムック氏より