先輩はメタボである。


アーカイブ [ 2009年07月 ] 記事一覧
2009年07月31日(金)

“両方やりたくない” が最有力。

世界のリッツ・カールトンに
ものの見事に 「NO」 と言わせた
セカンド・バイト普及計画” ですが、
新たなライバルが登場しました。

それは、サロンパスのCMでお馴染みの
介の字貼り” です。

これまでライバル視していたのは、
プロポーズ・アゲインや逆チョコなど
結婚式とは関係のないものでした。

しかし、“介の字貼り” は
二人の始めての共同作業という
結婚披露宴と関わりの深いネタです。

しかも、貧乏っちゃまのような
前半分のスーツを着ることができるという
ハイ・パフォーマンスっぷりです。

僕も正直、自分の結婚式で
「どちらか1つだけやっていいよ」
と言われたら迷ってしまいます。
やっぱり魅力的ですよね、貧乏っちゃまは…。

でも、僕達は普及計画の実行委員です。
来年1月にある友人の結婚式では、
先方が “介の字貼り” をしたいと言う前に
“セカンド・バイト” を盛り込まないと。


よし、とりあえず担当の連絡先を押さえよう。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月30日(木)

結果、オマケ的な立場になる。

8月1日(土)は花火見物に行きます。
江戸川区の花火大会 です。

メンバーは、友人夫婦、友人カップル、
そして、僕です。

最近、僕の友人たちは、
結婚をしたり、結婚を意識して交際したり。
なんか、そんな感じです。

せっかくそんな感じなので、
“今から家族ぐるみのお付き合いを育もう”
みたいな流れになっています。
素敵な友人関係でしょ?

企画意図的にはメンバー構成は
偶数になるはずです。
しかし、僕のせいで奇数になりました。

おまけに、
「お前がいるだけで満足だよ!」
的なフォローのメールも頂戴しました。


花火、とっても楽しみです。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月29日(水)

この夏、歌舞伎デートを希望。

最近、市川海老蔵が気になります。
歌舞伎役者の。

以前は “嫌味な男” くらいにしか
思っていませんでしたが、
最近は “嫌味だけどなんか好い男” と
思っています。

海老蔵氏本人がTVで言っていましたが、
“歌舞伎の名門家に生まれた”
ことへの葛藤が近年なくなってきたそうで、
そのことが彼に対する高感度アップにも
影響しているのでしょうか。


8月には新橋演舞場で 「石川五右衛門」 の
講演が行われます。
これは見ないといけないということで、
空席状況の確認をしてみました。

僕が歌舞伎を見る場合は、
桟敷席で見るか、3階席や幕見席などの
安い席で見るかのどちらかに決めています。

間のクラスの席はどうしても中途半端で、
コストパフォーマンスが悪いように
感じてしまうからです。(僕個人の見解です)


すると、3階席はすでに完売しており、
桟敷席は平日に数席残っている状況でした。
ちなみに、桟敷席は16,000円です。

う~ん…高い。
結局、そこまでの興味はないようです。

歌舞伎好きのかわい子ちゃんが
「石川五右衛門見たいわ(ハート)」
とでも言わないかぎり、
観劇に行くことはなさそうです。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月28日(火)

リエには謝罪をするべきか?

高校野球に全く興味がありませんでした。
プロ野球の試合と比べてしまうと、
どうしても物足りなさを感じてしまうからです。

普段は野球を全く見ていないくせに
「甲子園、最高だよね~」 と
夏が来る度に騒ぎ出す女の子には、
「この、ミーハーめ!」 と
悪態をついていたものです。
もちろん、心の中で。

しかし、自分で野球を始めてからとういもの、
俄かに興味が湧いてきました。
自分のお粗末なプレイと比較して初めて、
彼らの実力に驚かされたからです。

そんな心境の変化が訪れる中で
先週の日曜日はほぼ1日中、
甲子園の地方予選をTV観戦していました。


テレビ神奈川では神奈川大会・準々決勝の
中継が行われていました。
横浜高校 vs 横浜隼人高校の好カードでしたが、
応援していた横浜高校が惜敗しました。

延長10回にサヨナラ負けを喫しましたが、
9回表の土壇場で4得点して同点に追いついた
彼らのひたむきな姿には、
思わず涙がこぼれてしまいました。

こうなったら、横浜隼人高校の皆さんには
ぜひとも甲子園の土を踏んで欲しいですね。
頑張れ~!


東京MXテレビでは西東京大会・準々決勝が
中継されていました。
そこではなんと、僕の母校が戦っていました。
初回から先制を許す苦しい展開でしたが、

   ・
   ・
   ・

居眠りしている間に負けていました。
全国的に知名度の高い横浜高校を応援し、
自分の母校は居眠りをして見逃してしまう。


僕こそ、ミーハーのようです。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月27日(月)

今度こそ解約したい。

無駄に増えすぎた
クレジットカードを整理して

程なく解約し忘れたカードの
年会費が引き落とされて

「しまった、忘れてた!」
と思ったことを

再び年会費が引き落とされて
思い出しました

承安


4行詩風に。
…ちょっと違うか。

ちなみに、承安(しょうあん)とは
さっき付けた僕の雅号です。

“安請け合い” より。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月24日(金)

格好悪いことはわかっているよ。

先日、JR大森駅構内のとあるお店で
サンドウィッチを注文しました。

オーダー後に作りはじめるお店なので、
席まで店員さんが運んできてくれました。


駄目サンド


よく見るとわかるのですが、
紙ナプキンを噛んでしまっているので
サンドウィッチのお皿は斜めです。
ガタガタしますし、ナプキンも取りにくいです。

お皿を置く瞬間にどけるか、
はじめからナプキンを端に置くか、
どちらかをして欲しいものです。

いや、運ばれたときに僕がどければ
それで済むのはわかっています。
普段ならそうしていますよ。

ただ、そのお店は注文時から
何かとイライラさせるお店だったので、
試す意味で放置してみました。

そして、予想通りにナプキンをどけずに
サンドウィッチのお皿を置いたので、
「やっぱりな、このダメ店員!!」
と心の中でつぶやきました。
いや、叫びました。


1度ケチがつくと何をされても腹が立つ
というお話でした。

前はこんなに腹が立たなかったのに。
ブラックマヨネーズの見過ぎで
キレキャラがうつったかな?

もちろんサンドウィッチに罪はないので、
しっかり完食してきましたよ。
でも、味は普通でした。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月23日(木)

一度に見ると18倍は面白い。

先日の雨の日のことです。
40代くらいの会社員(男性)2人が
相合傘をしていました。

どちらかが傘を忘れたんでしょうが、
ちっちゃいちっちゃい折り畳み傘で
肩を寄せ合うように歩く姿からは、
ちょっぴり哀愁が漂っていました。

その5mくらい後ろを歩く若いカップルは、
男性が持つ大きな傘で相合傘です。
そして、彼女の手には可愛らしい傘が。

くっついていたい年頃なんでしょう。
傘が何本あろうが2人で1本です。

おっさん2人が相合傘。
ちっちゃいちっちゃい折り畳み傘にて。
すぐ後ろを若い2人が相合傘。
彼女の手にはあまった傘が揺れる。


いいものを見ました。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月22日(水)

多摩川の星 21

<第21話>
“感謝” の方向性に複雑な思いを抱く。



我らが野球チームは、
草野球リーグに参加しています。

1シーズン7試合を戦うのですが、
これまでの戦績は1勝3敗。
勝ち越すためにはもう1敗もできません。

先週の土曜日は勝ち越しをかけた大一番。
前日の夜、キャプテンからメールが入りました。


  【題名】 もしかしたら
  試合に出られなかったらすまん
  m(_ _)m
  選手交代はする予定だけど
  試合の展開次第では…


さすがはキャプテン、みごとな決断です。
心のケアもばっちりですし。
大丈夫、喜んで見学させてもらうよ。


さて、試合当日。
当日の参加者は10名だったため、
守備中にベンチにいるのは僕1人。

それではあまりにも手持ち無沙汰なので、
スコアブックをつけることにしました。
初の専属記録要員です。

それまでは攻撃と守備の合間に
チョコチョコとスコアを付けており、
なかなかしっかりと記録に残すことが
できていませんでしたので。


そりゃあ、頑張ってスコアつけましたよ。
その日はそれしかやることありませんから。

頑張った甲斐もあり、みんな喜んでくれました。
「試合展開が振り返れていいな!」 って。

というより、喜ばれすぎて次回以降への
期待感すら漂っていました。
う~ん、マネージャーへ一直線か…。


ちなみに、試合結果は3対3のドロー。
強豪チームが相手でしたが、
これまでで1番野球っぽいことしてましたよ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月21日(火)

おまけにダイエット成功だ。

先輩が 先日のブログ
こんなニュースを紹介していました。


「腹7分目」 健康の元
加齢性の病気減、サルで実証



摂取カロリーを約3割減らすと、
糖尿病やがんでの死亡率が減るとともに
老化を遅らせることができるとのこと。

これまでの実験ではハエやマウスのみで
確認されていたらしいのですが、
今回はより人間に近いサル(霊長類)で
実証されたそうです。

もちろん、これらの実験は人間に適応してこそ
価値があるんだと思います。
なので、霊長類で実験をするのは正しいです。

ありがたい実験結果ではあるんですが、
何かインパクトに欠けるんですよね。
いや、インパクトは必要ないんでしょうけど。

でも、もしもこの実験が豚で行われたら
どういう見出しになるんでしょう。


「腹7分目」 健康の元
加齢性の病気減、ブタで実証



こっちの方が面白い。
しかも、より効果が高そうに感じてしまいます。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月17日(金)

究極のアドバイスではある。

つい先日のことなんですが、
電車の網棚に上着を忘れてしまいました。

見つかった駅までは往復で2時間。
とても無駄な時間を過ごしてしまいました。
駅員さんにも迷惑をかけましたしね。

忘れた方は取りに行く手間がかかる。
忘れられた方は保管の手間がかかる。
忘れ物って良いことなしです。

じゃあ、そんな忘れ物をしないためには
どうしたらいいのでしょうか?


電車では車内放送で呼びかけますよね。
「傘の置き忘れに注意しましょう」 とか。
これは正しいと思います。
本人に注意を促すしかありませんから。

でも、先日トイレで見つけた看板は
それを超越していました。


抱えなさい?


これはいくらなんでも極論過ぎです。
荷物を抱えてうんこしろってことですよ?

友人に恋の相談をして、
「告白しなけりゃフラれないよ。」
ってアドバイスされるようなものです。

僕ならそんな奴には2度と相談しません。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月16日(木)

自分自身に自信がなくなる。

夕飯を食べようと思って
炊飯器をセットして、

炊き上がりを待っている間に
そのことをすっかり忘れてしまい、

うっかりうどんを作って
食べてしまって、

次の日の仕事終わりに
夕食の弁当を買って帰って、

「あ、昨日ご飯炊いたっけ…」
と思い出しました。


洗濯に夢中になりすぎたのが敗因。
どうでもいい話ですが。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月15日(水)

京都を見て、原宿を想う。

先日、TVで京都の特集をやっていました。
名所をグルグルまわるという内容です。

京都の名所ということで、
当然 “清水寺” も出てきたのですが、
修学旅行以来の “清水坂” には
衝撃を受けました。

改めて見てみると、これが面白いこと。
新撰組グッズに始まって、
木刀、面白Tシャツ、色とりどりの生八つ橋。

生八つ橋はチョコレート、イチゴ、メロン、
流行のマンゴーまでよりどりみどりでした。
そして、あふれる程の修学旅行生。
ノリは竹下通りとなんら変わりません。


となると、清水寺の位置づけは…
ラフォーレ原宿か?

「へ~、ここか~。」 なんて入ったものの
意外とすることがなくて、
何となく1周したら出てきてしまう。
結局、滞在時間は10分か15分。

初めて入ったラフォーレ原宿も清水寺も
思い返せばそんな感じでした。

うん、僕にとっては一緒だ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月14日(火)

思えば遠くに来たもんだ。

今日でブログ開始から
ちょうど1年が経過しました。
女性との交際でも
なかなかここまで続きません。

そういう意味では
快挙の部類に入りますね。
やったぜ、俺。


話は変わって苦手な芸能人。
浜田ブリトニーがどうしても無理です。
何が無理だか自己分析…
多分、全てだ。

ここまで見ていられないのは
生島ヒロシ以来ですから、
これもある意味で快挙といえます。


せっかくの記念日なので、
おめでたい話もひとつ。

家出していた知人の嫁さんが
無事に帰ってきたそうです。
おめでとう!!



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月13日(月)

難しいことはわかりませんが。

7月11日に始まったNHKの土曜ドラマ
リミット -刑事の現場2-」 が面白いです。
それはもう、やばいくらい。

前作も見たことはありませんし、
今作も狙ってチャンネルを合わせた
わけではありませんでした。

しかし、ひと目見た瞬間から
一気に画面に引き込まれてしまいました。
(詳細は公式サイトにて。)


「刑事にできることは
優しさによる救済なのか?
憎しみによる厳罰なのか?」
というテーマの同ドラマ。

“骨太なヒューマンドラマ”
と言われるだけあって、
重厚なテーマを掲げています。

しかし、迫真の演技や過激な台詞のためか、
「人間とは?」「優しさとは?」 などと
自分自身に問いかけるよりも先に、
エンターテイメントとして楽しんでしまいました。
“ちょい悪ヒーロー” 的に。


連続殺人犯を逮捕する時に
ボッコボコに殴りつける武田鉄矢。

その殺人犯を取り調べる際に
「お前なんか死ね!」 と言い放つ武田鉄矢。

被害者の遺族(父親)と
拘置所内の犯人を会わせるために
自分を殴らせて父親を逮捕する武田鉄矢。

やっていることは無茶苦茶ですが、
そのストレートな言動に
どこか共感を覚えてしまいます。

「男は誤解されるくらいがちょうどいいぜ!」
的なね。

隆慶一郎氏による未完の小説
「死ぬこととみつけたり」 を読んだ時と同様、
“漢(おとこ)としての高揚感” を感じました。


製作側にしてみれば、決してありがたい
視聴者ではないかもしれませんが…。

でも、
すごいぜ、武田鉄矢。
いや、梅木拳。

これは間違いなく、武田氏の当たり役でしょう。
僕の中では、金八先生以上です。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月10日(金)

もう初孫か?っていうくらいだ。

昔はピーマンが嫌いでした。
今は大好きなのに。

食材でいえばゴーヤとかししとうも同じで、
昔の悪印象が嘘みたいに食べまくりです。

苦い恋を経験しすぎて、
苦味の耐性でもできたのでしょうか?

ほかにもあります。
以前は長身美人が好きだったのですが、
今では小柄な女性に目がいきがちです。

要するに、
「好みって変わるものだよね」
というお話です。


先輩は猫が大好きです。
好きで好きでたまらないようです。

僕は生き物に全く興味がありません。
特に猫は “薄情なやつ” くらいにしか
思っていませんでした。

電車の中でペットのかごを見ると
むかっ腹なんかも立てていました。
全国の動物愛好家の皆さん、
どうもすみません。

なので、猫の素晴らしさを熱く語る先輩を
どうしても冷めた目で見ていました。

その温度差といったら、
先輩と僕の体感温度くらいでしょう。
これは相当な違いですよ。


しかし、このブログ を見てから
にわかに考えが変わってしまいました。

ジュルちゃん…
半端ねぇ可愛いぜ。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月09日(木)

照れ隠しとしては満点だった。

電車に乗っていた時のことです。
僕の隣にはご婦人が2人座っており、
足下にキャリーケースを置いて
夢中で話し込んでいました。

話に夢中になっているうちに
ついつい手を離してしまったのでしょうか。
キャリーケースは電車の揺れとともに
ご婦人の足下から転がっていってしまいました。
コロコロ、コロコロ。

その転がったキャリーケースが
立っている男性にぶつかってしまい、
「ごめんなさいね。」 とお詫びをするご婦人。

でも、どこかバツが悪かったのでしょうか、
席に戻って友人にかけた言葉が秀逸でした。


「いや~ね、勝手にフラフラと。
ウチの主人みたい。」


爆笑する友人。
思わずニヤリとする僕。
そして、荷物がぶつかった男性の背中も
笑っているように感じました。

やるな、マダム。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月08日(水)

これでも昔は寡黙でした。

先日、白髪の話 をしました。
ヒゲに白髪が生えたってやつです。

僕の勝手な思い込みですが、
白髪というのはまず髪から始まって、
徐々にほかの場所へ広がっていく
というイメージでした。

なので、髪の毛を飛び越して
鼻毛、ヒゲと広がりを見せている
自身の白髪に若干の恐怖を覚えます。

じゃあ人生の先輩に伺おうってことで
父親にその話をしてみました。

僕が1番聞きたかったのは、
「白髪は髪から始まるのか?」
ということだったんですが、
父親の返答はごく簡単なものでした。
「知らね。」

僕としてはそれがわからない以上
話を続ける必要はなかったのですが、
父親に妙なスイッチが入ったらしく
その後も彼の独壇場となってしまいました。


ヒゲとかワキ毛とか、もちろん髪の毛とか、
色んなところに白髪は生えるけどよ、
1番ショックなのはアソコに白髪を
見つけた時だよな~。
え?アソコに生えたのは最後かって?
覚えてねぇよ、そんなの。
いいじゃねえかよ、順番なんてよ。
でもよ、あれは “男の落日” って感じで
妙に悲しいんだよなぁ~。


大袈裟なうえに、人の話を聞かない父親です。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月07日(火)

些細なことだがひどく悔しい。

小銭が好きではありません。
どのくらい好きではないかというと、
財布にある小銭の金額によって
買うものを変えるくらいです。

110円のコーヒー牛乳と
105円のカレーパンを
購入するとしましょう。

しかし、財布に1円や5円がなければ、
105円のミルクティーと
105円のカレーパンに
変更してしまいます。

おかげで僕の財布は常に軽いです。
お札も入っていないのでなおさらですね。


先日、そんな僕がうっかり確認を怠って
買い物をしてしまいました。

カップ麺が168円、
おにぎりが115円、
タバコが150円、
合計で433円でした。

財布の小銭入れを見ると、
なんと432円しか入っていませんでした。
ちくしょう、あと1円が。

おかげで小銭が999円。
すっっごく悔しいです。


残念な小銭たち



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月06日(月)

主張すべきはそこじゃない。

東京都議選を7月12日に控え、
選挙演説が活発に行われています。

先日、近所の商店街を歩いていると、
反対側から候補者がやってきました。
自転車に乗って。

その候補者の方は自転車をこぎながら
こう繰り返していました。


「○○を宜しくお願いします。
地元の皆さまにご挨拶をするために
自転車にてお邪魔しています。

○○を宜しくお願いします。
自転車にてお邪魔しています。」


その商店街は自動車も通行もできます。
何に乗るかは彼の自由ですし、
わざわざ僕たちに知らせる必要は
ないのではないかと思います。

彼の言葉を聞いていると、
どうしても次のように聞こえてしまいます。


「この暑い中、自転車で来てますよ。
えらいでしょう、私は。

皆さんと同じ自転車ですよ。
庶民派ですよ、私は。

車でいいのにわざわざ自転車ですよ。
何となくいい感じでしょう?
だから、一票入れてくださいね。」


…ひねくれ過ぎですかね?



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月03日(金)

悲しい昔話の主人公のようだ。

梅雨の時期に合わせたネタなのか、
最近 ドコモ大関 など
傘を使ったCMが多いですね。

“傘を持たずに佇む女性に対し
男性が自分の傘を差し出して
雨の中を小粋に駆け去る”
というやつです。

先日、僕もあれと同じことをやりました。
正確には “試みた” んですけど。
いや、100%の善意ですからね。


僕は最寄駅から自宅まで
ビニール傘をさして帰りました。

自宅の前で傘をたたんでいると、
雨の中を濡れながら歩く女性が。

僕は自宅に着きましたし、
傘も安いビニール傘だったので、
自分でも驚くほど自然に声が出ました。
「よかったら、使ってください。」

すると、その女性が言いました。
「いえ、近いので結構です。」

それはそれで、別にいいんです。
僕も押し付ける気はありませんし。
しかし、言い終わるかどうかの瞬間、
彼女は “猛ダッシュ” で駆け去ったのです。

小粋に駆け去るどころか、
気味悪さとともに駆け去られてしまいました。

何がいけないんだろう。
顔か??


そういえば、昔話によくいますね。
心は優しいのに見た目が怖いばっかりに
村人に誤解される主人公。

大抵、彼は最後に死んでしまうんですよね。
死んだ後に誤解がとけちゃったりして。
時には祭られちゃったりして。


同じシチュエーションで、
「コーヒー飲んでいく?」 の台詞の後の
猛ダッシュならわかるんですけど…。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月02日(木)

猫ネタの方が筆が踊る。

先輩のブログ がダイエットブログから
猫ブログに変化してきています。

“ダイエット応援を目的として”
開設されたこのブログは、
今後どうなってしまうのでしょう?

一抹の不安を覚え、
まずは初心に帰る意味も込めて
過去の記事を読み返すことにしました。

下手をするとこのブログの存在意義が
なくなってしまいますからね!

そう思って振り返ってみると、
思った以上に先輩のダイエットを
応援していないことに気付きました。


「な~んだ、今までどおりか。」
ブログを始めて、もうすぐ1年です。



中華風仕切線

ムック氏より
2009年07月01日(水)

新しい遊びになる予感も。

この前、銀座の中央通りを歩いていると、
正面から若いカップルが近づいてきました。

それはそれは話が盛り上がっているらしく、
ゲラゲラ笑いながら、フラフラ歩きながら、
ちょっと周囲に迷惑な感じで近づいてきます。

そして、僕とすれ違うまさにその瞬間が
トークのクライマックスだったらしく、
彼女のツッコミが炸裂していました。


それ、逆の意味で冠婚葬祭だよ!


2人にとってはこれで完璧にオチているらしく、
一層の笑い声とともに去っていきました。

逆の意味で冠婚葬祭…
どんな流れでその結論になったのか
全く想像がつきません。

でも、人の話の最後だけ聞いて
その内容に思いを馳せるというのも、
“逆に” 面白いかもしれませんね。



中華風仕切線

ムック氏より