先輩はメタボである。


カテゴリ [ 仕事のおはなし ] 記事一覧
2008年12月05日(金)

衝撃のデビュー作、かな?

“ボリックひら氏・本誌デビュー!”
ついに、この時がやってきました。

先輩が本誌最新号(12月号)にて
『はらすまダイエット体験記 byボリックひら氏』
という記事を書きました。


%E6%98%A0%E5%83%8F%E6%83%85%E5%A0%B112%E6%9C%88%E5%8F%B7.jpg


掲載スペースは、なんと巻頭です。
映像情報メディカルに “ボリック” の文字が躍ります。
よしよし、いいぞ。

ちなみに、同記事はウェブサイトにもアップされています。
皆さんも、ぜひご覧になってください。




%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.gif

↑ ボリック・ブランド確立を目指しましょう。
2008年10月31日(金)

新しい本が出たの巻。

先日の記事 でもご紹介した新刊が、
この度、めでたく刊行となりました。
僕から今年の夏を奪い去った可愛いやつです。

医療ITに特化した内容となっており、
その名も 「Medical IT 2008-2009 MOOK」 といいます。


IT%20MOOK.jpg


詳しくは弊社ホームページをご覧ください。
( 新刊の詳細ページは こちら


この会社に入って1年ちょっと経過しましたが、
新刊の制作に一から関わったのは始めての経験でした。

これまで無かった新しい試みも実現しましたし、
とても貴重な体験ができたと思っています。

製品紹介や座談会などの特別企画も盛り沢山なので、
ぜひご覧になってみてください。

   ・
   ・
   ・

さて、冒頭で申し上げたとおり、
この夏はお盆休みを返上して新刊の作業をしていました。

では、そんな中で8月の貴重な週末を
僕は一体どんな感じで過ごしていたのでしょうか。
手帳をめくり、振り返ってみました。

僕の週末は適当にお酒を飲んで終わることが多いのですが、
その中でも夏っぽい予定をピックアップしてみます。


8月10日(日) 東京湾花火大会
8月17日(日) バーベキュー

こんな感じです。
ウキウキな感じがしっかり出ています。
さて、当時の記憶やメールを辿ってみると…


8月10日(日) → 風邪を引いて中止。
8月17日(日) → ドタキャン発生。結局、普通に飲んだ。


…来年こそは、夏っぽいことするぞ!!




%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.gif

↑ あ、でも…実家で 父と花火 を見ました。
2008年09月02日(火)

タビビト

明日から3日間、
出張に行ってきます。
名古屋、京都、大阪です。

栄、木屋町、ミナミです。
嘘です。
ちゃんと仕事してきます。


それではまた来週、
このブログでお会いしましょう。

行ってきます!




%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.gif

↑ ボリックひら氏も、宜しくお願いします。
2008年08月11日(月)

時には仕事の話を

皆さん、こんにちは。
先輩のダイエットレポートを中心として、
僕の由無し言などをお届けしている当ブログですが、
たまには仕事の話も書いてみたいと思います。

ブログを初めて1ヶ月経ちながらも、
一向に埋まらない空っぽのカテゴリがみっともないので…。


さて、われわれがこの夏に取り組んでいる最大の仕事が、
新刊 「Medical IT 2008-2009 MOOK」 の刊行です。

今年度の診療報酬改定や、
医療データの外部保管に関する規制緩和などは、
各方面に強いインパクトを与えています。

そのような状況を背景として、
フィルムレス環境の構築・運営ノウハウを詰め込んだ、
医療情報システム専門の雑誌を刊行する運びとなりました。


先週の金曜日 (8月8日) には、
同書の中心企画となる座談会の収録が行われました。
座談会の内容は下記のとおりです。

■特別座談会 「Medical ITの現在そして未来」
【第1部】 医療情報システムを取り巻く現状の把握
【第2部】 医療情報システム(フィルムレス化)の現状と問題点(功と罪)
【第3部】 健診施設と医療施設との連携をスムースにするためのキーとなるIT
【第4部】 機器の使用経験ならびに印象について~現状の機能と今後望まれる機能~
【第5部】 近未来の医療情報システムはどのような方向に進むか


詳細をこの場でお伝えできないのがとても残念ですが、
非常に白熱した収録となりました。
この模様は、同書の巻頭企画にてお届けしたいと思います。

そのほか、多数の論文掲載や、充実の広告企画枠など、
盛り沢山の内容で、10月下旬の刊行を予定しています。


皆さん、 「Medical IT 2008-2009 MOOK」 を宜しくお願いします!




%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC.gif

↑ とっても、嬉しいです。